最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

2020/04/04

あなたにとって私

Dsc_6192

桜を見に行ったとき、二人の女性が楽しそうに過ごしていた。

写真を撮っていたので、道を通るのをやめて写真を撮りおわるのを待っていた。

彼女たちが写真を撮り終わってから、道を歩いて通りすがると。

とても良い笑顔でこちらを見て、ポーズをとる。

不審な顔をしてみると、わからない言葉で話しかけてくる。理解できない顔をしていると、

日本語で「写真。とって」と。

シャッターを切り、笑顔でお辞儀をすると、二人の女性はとてもおおらかな笑顔で微笑んでいた。

 

写真を撮ってもらう。それに何の意味があるのだろう。

その写真を見せてとも、送れとも言わず。ただ笑顔で写真を撮ってもらえたことを満足そうに。

 

数日間気になって考えていた。

彼女たちは帰国したのではないだろうか。

ただ、ここにいたと言うことを誰かに覚えていてもらいたいという

想いがあったのかもしれない。

 

桜の花言葉は

「私を忘れないで」

 

 

2020/04/03

つぼみ

Dsc_6103

暖かくなったら

咲くことにするよ

2020/03/30

Ne m’oubliez pas

Dsc_6085_20200330191501 

わたしをわすれないで

2020/03/25

夕暮れ時には

R3011374

これでよかったのかと

ふと思うときがある

2020/03/23

キリンは鳴かない

Pict0005  

キリンは鳴かない

いや、簡単に鳴ける構造ではないのだ。

首の長さは遠くを見て高い物を食べるに適しているかもしれない。

しかし、声を出すにはあの首は長すぎるのだろう。

それでも、キリンは鳴くことがある。

どんな想いがキリンに声を出させるのだろう。

 

 

2020/03/22

769cd31817a647228b22dd86e0458807_1_105_c

言葉は「呪」

「呪」は人の行動を制約する

だから、

なぜその「呪」が必要であったのか

知ることが大切なのだ

2020/03/18

懐かしい風景を求めて

Pict0004 

どこかへ

スノーフレーク

Pict0002 

汚れなき心

2020/02/29

撤収の日

R3011341

 

落ち着かない気持ちを

少しだけ穏やかにしてくれた

朝の光

2020/02/14

I Need The Fire

20200214-51648

«あけましておめでとうございます