最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 病院へいこう! | トップページ | Taron35の修理 »

2005/02/06

珈琲の時間

kouhii珈琲は、僕の趣味の中でもっとも家族に認められているもの。
珈琲の入れ方を教えてもらうまで、珈琲豆が生ものだということを知らなかった。

冷凍庫から、珈琲豆を出し、必要な分量を量って豆を挽いていく。
挽いた豆を円錐のドリッパーに入れてきれいにならしておく。
細口ホーローケトルに沸騰させたお湯を入れ、準備は出来上がり。

注意深く珈琲豆の中心にお湯を注いでいく。
まだ、下に珈琲が落ちない程度にいれると、豆がポコンと膨れてくる。
お湯がゆっくりと豆を蒸らしていくのをじっと待つ。1分ぐらいたつと、ポコンと膨れた豆がペコンとつぶれてくる。
これから、ゆっくりと珈琲を抽出する。
暫くしていると、豆の上に少し白みを帯びた泡がでてくる。これが曲者で、渋みが強い部分。これが下に落ちないように、ゆっくりと、だけどお湯が途絶えないように。
やがて、十分に蒸れた豆は、お湯を落とすスピードが増してくる。
それにあわせるように、お湯を入れるスピードを上げていく。
最後に、白みを帯びた泡が下に落ちないうちにドリッパーをはずして、お気に入りの珈琲カップに珈琲を入れていく。

淹れるたびに、同じようにしようと思うけれど、淹れるたびに何かが変わっている。
香りと味がそれを物語る。

おいしくできたときは、すごく喜び、それほどでもない出来になってしまうと反省する。
その繰り返し。

さて、今日の出来は・・・・

« 病院へいこう! | トップページ | Taron35の修理 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
ログを見ていてこちらからリンクされていることに気が付きました。
ありがとうございます。

私もコーヒーが大好きで毎日ドキドキ楽しくコーヒーを入れている
ので出来不出来で一喜一憂するお気持ちはよくわかります。・

折角なので私の好きなスタイルを。

コーヒーを入れるのは松屋式ドリッパーです。名古屋の大須にある
お店で主に喫茶店向けに卸をしている松屋コーヒーが作っています。

このオリジナルのドリッパーは大変よくできていてとてもおいしい
コーヒーを淹れられます。使い方は申し出れば店頭で無料でレクチ
ャーしてくれます。普通のドリッパーよりちょっと手間はかかるけ
どすっきりおいしいコーヒーができあがります。

豆はインターネットでドイコーヒーというお店から買っています。

ここは注文した分だけ生豆から焙煎して販売しているので引く具合
と焙煎の度合いもお好みのままです。色々試しましたが、格が違う
おいしさです(値段も良心的)。
ここの豆を知ったら他の店で豆を買う気にはならなくなりました。

どちらも個人的には全くつながりはありません。コーヒー好きとし
て掛け値なしにお勧めです。是非と試しください。

URL もお知らせしようと書いたのですが、ココログのシステムでは
URL が勝手に HTML タグに書き換えられてしまうくせに禁止されて
いるとコメントの投稿が出来ないんですね。検索してみてください
ね。


MIZさん。わざわざたずねて来ていただきありがとうございます。
ドイコーヒーと言うお店、今度チェックして見ます。
僕も、豆はインターネットで手に入れてます。
「珈琲工房HORIGUCHI」というお店なんですが、ここの豆も結構お勧めだと思います。
新鮮な豆を知ってしまうと、もう、後戻りできないですよね。
明日は休日。
家族が寝ているうちに、ゆっくりと珈琲をいれておきたいと思います。

私も昨日コーヒーの話を書きました。
よろしかったら見てください。
後でTBすればよかったって。

入れ方のくだりなど読ませてもらうと
とても腕を上げられたように思いますが.
今度会合があればぜひぜひ入れて下さいませ.
日々の鍛錬の味を楽しませて頂きたいです.

こーひーやさん
腕も何もあがっていませんが、蒸らす時間ぐらいはゆっくり待つ心のゆとりが大切かもしれないと思う今日この頃です。
また、機会があれば、一緒に珈琲をいれてゆっくりお話をしたいものですね。

最近、妻が珈琲好きになってくれたのはうれしいのですが、母乳に影響するようで、少しでものむとうちの下の娘がなかなか寝付けなくなるようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80586/2821923

この記事へのトラックバック一覧です: 珈琲の時間:

« 病院へいこう! | トップページ | Taron35の修理 »