最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 大阪に行ってきました | トップページ | お風呂の中で »

2005/03/27

SUZUKI GSF1200

docu0002
これは、2000年ぐらいに乗っていたバイク。
トルクの塊だった。
1速でアクセルをラフに開けると、軽々とフロントを持ち上げる。
ウイリーの技術とか関係ない。とにかくアクセルを開ければフロントが高々と上がってしまう。
もともと、600ccの設計で仕上げたバイクに1200ccのエンジン積んであるのだから、当然。
ホイルベースの短さもあり、コーナーでは結構小回りが効いて面白いバイクだった。
慣らしを終わって、初めてアクセルを全開にした時の衝撃を今でも思い出す。

視覚が異常になったかと思うぐらい、周りが見えなくなるのだ。あまりに凄まじい加速で、視覚が全然ついてこれない。何度か経験をつむうちに、何とか視覚もなれてきたが、それは本当に凄まじい加速。
後期型になって、エンジン特性をマイルドにしたと言う話を聞いた記憶がある、もし乗って見るのなら、初期の激しいものを選んで見るのも一興かもしれない。

このバイクは、結婚してからもしばらく乗っていたが、子どもが出来たのを機にこのバイクも降りる事になった。
それ以来、バイクには触れていない。
もし、もう一度乗るチャンスがあっても、このバイクは少し躊躇するかもしれない。面白いが、怖い。
リッターバイクには共通することだろうが、有り余るトルクを丁寧に路面に伝えることが出来なければ、すぐにコントロールを失うことになる。
「僕が好きなのは、限られたパワーをすべて路面に伝えようとするような乗り方だ」といえば聞こえは良いが、操作がラフで、繊細な事を要求してくるBIGバイクは合わなかったということだろう。

« 大阪に行ってきました | トップページ | お風呂の中で »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80586/3454436

この記事へのトラックバック一覧です: SUZUKI GSF1200:

« 大阪に行ってきました | トップページ | お風呂の中で »