最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« お風呂の中で | トップページ | 雪と花 »

2005/04/01

回復期リハビリテーション病棟の疑問

数年前から、「回復期リハビリテーション病棟」と言う施設基準を厚生省が打ち出しています。
いかにも、リハビリを気にかけていますよとばかりのネーミング。「回復期リハビリテーション病棟」
専従のセラピストが必要ですが、専従のセラピストは回復期リハビリテーション病棟の中の患者さんしか診てはいけないそうです。発症したばかりの患者さんは内科的な治療が必要なので、回復期リハビリテーション病棟に入ることは出来ません。脳外科の病棟や、神経内科の病棟でリハビリが始まる事になります。だから、急性期の患者さんは診れない。外来に移行してもだめ。
つまり、真ん中の時期だけ担当することになる。

患者の立場から分かり易くいうと、脳卒中になって、運動麻痺や失語を初めとする高次脳機能障害を起こしているような適応力の下がった時期。病棟が変わると、せっかく親しくなっているスタッフが急に変わってしまう。また、一から人間関係を作らないといけない。
その大変さを厚生省や社会保険事務局の人たちはどう捉えているのでしょう?

所詮、現場のことを知らない頭でっかちばかりが、自分たちの権利を行使して施設に文句を言わせなくしながら適当に基準を作っているのだろうと感じてしまいます。
彼らは、自分が病気になったら、本当に今の医療機関の中で十分なケアが行ってもらえると信じているのでしょうかね。

そうではないでしょうねぇ。天下り先を必死で守っていますから。そこで得た収入を使えば、保険外のお金を使ってでも十分な治療を受けることが出来るんですからね。

そこまでいうなら、回復期病棟を辞めることも出来るよという声が聞こえてくるようですが、そういうわけにもなりません。だって、そうしないと、病院全体の収入が減りますし、そのほかにもベッドコントロールがより困難になります。

多くの病院がジレンマを感じています。

どこの大学を出た偉い人たちかしらないけれど、自分達の安定収入(天下り先)を守る事に一生懸命にならずに、もっと医療全体のことを考える事に頭を使って欲しいものです。厚生省だろうが、どこの大学を出ようが、公僕なのですから。(公僕が権力を持つと暴力よりひどいと思う今日この頃・・・)

« お風呂の中で | トップページ | 雪と花 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 回復期リハビリテーション病棟の疑問:

« お風呂の中で | トップページ | 雪と花 »