最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 入園式の朝 | トップページ | チューリップ祭り »

2005/04/10

春の上昇気流

hlg0001
あさ、7時からRCグライダーを持って広場に行ってきました。
温かな風、しかも、時折やんだり、方向がコロコロ変わったり、急に強くなったり・・・上昇気流(サーマル)がでてます。
間違いなくサーマルがある感じ。
持って行った機体は、クラフトるうむのDL-A。投げると、下がったり上がったりとめまぐるしく動きます。
2投目ぐらいでいきなりフラフラと羽を揺らしながら急速に空に上がって行きます。かなり大きなサーマルです。ラダーが効いてくれない感じですがサークリングをほぼ勝手にしながら、ものすごいスピードで上がって行きます。サーマルの中心とかもう関係ないみたいな大きなサーマルにつかまってしまいました。
もう、どのような姿勢でどっちに向かっているのかがわからなくなってくるほど上がってしまいます。
飛んでいる最中に、鳶が合流してきました。鳶と共にさらに上がると、僕のもうコントロールできる距離ではなくなりました。
あわててダウンをうったりアップをうったりしながら加速してサーマルから外れようとしますが、なかなか外れてくれません。
このまま空に吸い込まれてしまうのかと思って、ちょっと諦め気分になったときにやっと、サーマルから外れたようで、どれでもどえらいスピードで降りて来るようです。
高度は十分にありますから、しばらく空の散歩を楽しみながら、ゆっくりと降ろすことにします。
久しぶりに、とても充実した時間でした。

画像は、僕のRCグライダーのバイブルとも言える書籍、Soaring Bookからです。よれよれになるまで読みました。この本、一般の本屋では扱っていません。リトルベランカというラジコンショップで手に入れることが出来ます。

« 入園式の朝 | トップページ | チューリップ祭り »

趣味」カテゴリの記事

コメント

さんぱつやさん どうも
大きなサーマル良かったですねー!
僕はそんなデカイのは残念ながら未だ遭遇していません。
羨ましいかぎりです。
僕も今日仕事がお休みでしたのでいつもの場所で飛ばしてきました。
主翼のテストも兼ねてでしたので軽く投げてみたのですが
風をきる音がしてロッキーとは違うと感じつつ
ダウン打ち平行姿勢に入り飛ばしていると
微風が吹いただけでフワッと上がります。
スピードも落ちかけて下ろそうとするとスピードを上げてくれ後旋回1~2周してくれます。
今日は曇りで無風でしたがイメージしていた以上に飛んでくれました!
これもさんぱつやさんに頂いた胴体のお陰だと感謝しています☆
ただ僕の工作技術の腕が未熟で重量が重くなってしまったのが舵きり時に高度を下げる原因かと思われるのが難点で
メカを軽量なものに取り替えて少しでも軽くして
飛ばしたいと思っています。

takaさん、どうもです、がんばっていますね。
主翼、もう出来たんですね。仕事が速い!
僕がいちばん最初にスチロールコアの主翼を組み立てたときには、なかなか手が出ずに、スチロールのままの翼とバルサの板を2週間は眺め続けていました。
DL-Aにいたっては、1ヶ月は手が付けられませんでしたし・・・
もう、大分、いい季節になって来ましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80586/3637566

この記事へのトラックバック一覧です: 春の上昇気流:

« 入園式の朝 | トップページ | チューリップ祭り »