最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 遮光 | トップページ | 友人? »

2005/07/30

映画 「修羅雪姫」

DVDで見ました。
何か惹かれるものがあったのか、なんとなくレンタル屋で借りてしまったもの。
うむぅ。
僕的には大ヒットです。
なぜって、嶋田久作がでている!

いや、それだけ。

大好きな俳優さんです。
激しく存在感が強い人ですよね。
帝都物語の時もそうですが、悪役は悪役なのですが、非常に純粋な男の役割を演じています。
過ぎ行く時代に抵抗をして何とか「自分の時間」を取り戻そうとしている。
だけど、その「時間」が一般の人には受けいる事が出来ない「時間」であるがために戦い続けてしまう微妙な哀愁のある悪役です。
雪の母親を殺してまで時間を止めようとしたのに、その娘を生かしておいたのは回りの一族への配慮なのか、それとも、いずれ過ぎ行く時間の中で自分の存在を消してしまおうとする意思であったのか?

作品自体は二流かもしれないですが、嶋田久作という俳優の存在感が非常に強くて満足できる一本でした。(笑)

« 遮光 | トップページ | 友人? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この映画は見ていませんが、嶋田久作って役者は私も好きです。

帝都物語は原作が大好きだったのであの大作を映画化するのは無茶だと思っていたし、出来もそれなりだったけど帝都物語の加藤ははまり役でしたよね。他の役者は考えられません(笑)。

いいですよねぇ、嶋田久作さん。
帝都物語は僕も大好きな作品です。
これも映画としてはあまり出来がよくないようですが、おっしゃるとおり、加藤がいい味出してましたね。
今年公開の「妖怪大戦争」では、あの加藤の役を豊川悦司がしているようです。
この作品は見にいくことは無いと思いますが、ちょっと豊川の加藤を見て見たいような気もします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80586/5225736

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 「修羅雪姫」:

« 遮光 | トップページ | 友人? »