最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 久しぶりに | トップページ | 映画 「修羅雪姫」 »

2005/07/30

遮光

docu0006t
遮光がうまくいっていないのか、時折、下のほうに光が入り込んでいます。
まぁ、時々なのと、カメラのカバーをつければ問題がなくなるのでとりあえず良しとしようかと思います。
だって、画質にこだわっているわけではなく、このカメラがまだ現役であると言うことに意義を感じているわけですから。
Taron35を使って見て思うのは、非常にメカニカルな印象が強いカメラだと言うこと。
シャッタースピードも結局フィルムを巻くときに巻く螺子の時間で制御しているようで、スローの時などは、ギヤの回る「ジーッ」というおとの後にシャッターの閉じる音が聞こえます。
今のカメラみたいな精度は望むことはできないでしょうが、そんなに精度を問題にしなくても良いような雰囲気が漂っています。

天候しだいですが、明日は少しTaron35を持ってどこかに行って見ようかな。

そう言えば、この灰皿。
これも年気が入っています。
高校時代の後輩が二十歳の頃に誕生日のプレゼントにくれたものです。
当時、僕はパチンコが好きだったので、パチンコの模様の入った物にしてくれたというような話しをしていたと思います。

長らく使って、もうさびさび。

煙草を吸わなくなってもう1ヶ月ぐらいでしょうか?
本当に止める事が出来たと言う実感はまだないです。
もしかしたら、何かのきっかけに吸い始めるような気がしないでもない。
先日などは、夢の中で煙草を吸っていました。
大切に煙草のハコの中から一本だけ取り出し、とてもゆっくり吸って、後の煙草を捨ててしまう夢。
夢の中までそんなに苦しまなくても・・・・(笑)
正直、ときどきではありますが、唇を噛み締めてしまうほど煙草が欲しくなる時があります。
人間、そんなに強くは出来ていないということでしょう。

« 久しぶりに | トップページ | 映画 「修羅雪姫」 »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80586/5225692

この記事へのトラックバック一覧です: 遮光:

« 久しぶりに | トップページ | 映画 「修羅雪姫」 »