最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 秋 | トップページ | 朝ご飯 »

2005/09/21

この子に・・・

最近、あまり出会うことのない先天性奇形の子供(9ヶ月)を担当してます。
あまり細かい事を書くと、その特殊さから、たぶん母親がここを探し当ててしまう可能性があるので、細かい事は書きません。
ただ、一般の人が見たら、かなり衝撃を受けるような外見です。

たった9ヶ月なのに、今まで、沢山の治療や手術を受けたあとがあります。
病院の患者として、いろいろな所を回って、手術を受けたりしていたのだろうと思います。
初めて病室にお邪魔した時は、お母さんもお婆ちゃんも、恐る恐る手を差し伸べていました。

今、ちょっと首が座り始めてきています。
最近は、怒った表情だけではなくて、少し喜んでいるふうの表情も浮かべるようになりました。

お母さんと、お婆ちゃんは、それは小さな変化も喜んでいます。
気管切開をして、鼻からチューブを入れ、点滴のルートが確保してある。そんな抱きにくいその子。最近は、しっかりと抱きしめて、世話をしている姿が見られるようになりました。

すごいと思います。
親は、どんな子であれ、わが子に愛情をそそぐのでしょうね。

どんな子供であれ、どんな人であれ、大好きな人にそばにいてもらって愛情をそそがれ、腕の中で幸せに笑って良い権利があるのだろうと。
そんな当たり前のことを漠然と考えていました。

今度、この子も退院します。
冷静に見れば、在宅で長期間のフォローは出来ないお子さんかもしれません。
が、わずかな時間であったとしても、家で普通の生活をして欲しいと思います。
この子と家族が、本当に家族でいることの出来る時間を。
そんな時間を過ごしてもらいたい。

この子のために、僕は何が出来たのだろう?
この子のために、これから何が出来るだろう?

« 秋 | トップページ | 朝ご飯 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この子に・・・:

« 秋 | トップページ | 朝ご飯 »