最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« cage | トップページ | おめでと »

2005/11/18

親愛なる者へ

051118b
走り続けて いなけりゃ倒れちまう
自転車みたいな この命ころがして
息は きれぎれ
それでも 走れ
走り止めたら ガラクタと呼ぶだけだ
この世では

Word by Miyuki Nakazima


激しくガラクタになっていますね。
放置されているのが都会っぽい。
この自転車も、かつては新品で誰かに買われて、
人をいろんな所に連れていってくれたんでしょうね。

« cage | トップページ | おめでと »

写真」カテゴリの記事

コメント

「6年生になったら買ってあげる」とそして届いた高級スポーツ車は魔法の乗り物で風を感じさせ、どこまでも連れて行ってくれたものです。それはそれは嬉しくていつもキレイにして乗ってましたが…。自転車、いつからか安いモノがたくさん輸入・製作され安いせいかさっさと飽きられ、捨てられ…日本は自転車というものの市民権が低いらしいですね。専用道も少なすぎるしマナーもです。チャリンコという言葉に集約されているのが日本の実情かな…。

ウンチクはどーでもいいんですが復活したサイクリングライフはそれはそれは楽しく自分の足で遠くまで行ける事にはとても感動しますし、ガス代も車検代も税金もかからない!気持ちいいですよ~。(笑)ヨボヨボになって補助輪付けても乗りたいですねぇ…。

ですね。
自転車は初めて乗った時は魔法のようにいろいろな所に連れていってくれました。
ドラクエで言えば、レベルが上がって新しい鍵を手に入れた時のように世界が広がります。
今まで一人では行けなかった所が行けるようになり、楽しい気持ちでいっぱい。
いろいろな気持ちをのせて走ってくれた自転車。
乗りものって不思議な力がありますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80586/7175298

この記事へのトラックバック一覧です: 親愛なる者へ:

« cage | トップページ | おめでと »