最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« これでも | トップページ | 本当に »

2005/12/22

14歳

20051222c で交通事故にあった少年。
脳の損傷を受け、全然動けなかった時期を越えて
彼はまだ回復を続けています。

去年、彼が高校に行くなんて、誰が想像をしたでしょう?
はかない親の願いとしてあったとしても、それは具体的なものではありませんでした。

今日、彼が嬉しそうに報告に来ました。
それは、未来に対する挑戦であり、僕達の希望でもあります。
脳の回復、その可能性への期待。

そして、これから持つべき「意思」の確認。

それは、僕にとっても嬉しいことでした。

« これでも | トップページ | 本当に »

仕事」カテゴリの記事

コメント

女房が離婚する前に交通事故…脳挫傷で3年ほど半寝たきり生活でした。14歳の彼に比べたら全然軽かったのですが生活は大変だったようです。結局別々の生活になりましたがそれからまた2年程して再会したら神経質かつウルサイくキツイ性格が180度変わってしまい…。本人今の方が自分でも好きなようです。でも、いい話ですね。彼が具体的な将来の夢に向かって回復と共に近づいて行くといいなぁと思います。将来の夢があるので強くなれるのでしょうね。頑張れ!

3年半も寝たきり生活でしたら、そっちの方が重症っぽいですね。しかし、回復されているようで何よりです。
交通事故は、起こさないようにしていても、起してしまったり巻き込まれたりするものですね。車に乗るのが好きなので、事故に関わってしまう機会も多いです。気をつけないと・・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 14歳:

« これでも | トップページ | 本当に »