最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005/12/31

あ、そう言えば・・・

RIMG2314 もう食べた?

すべては

20051231aここから発信しています。
いろいろな思いをキーボードを通じてネットへ。

今年は本当に色々なことがありました。
良い事ばかりではなかったかもしれません。

出会いも色々ありました。
この写真を撮ったTARON 35もその一つ。
ブログを通じて、知り合った方も。
そのほかにも・・・

みんな大切な出会いでした。

明日は2006年
だけど、今日の続き。

出会いや、人との繋がり。記憶、想い出が今の僕の全てです。
そして、それが未来へと繋がっていく。

来年も、見たり 聴いたり 触れたりしながらその時を大切にして生きていこうと思っています。

稚拙な写真と文章にお付き合いくださってありがとうございました。
また、来年も宜しくお願い致します。

時計の音が響く部屋の中から。

岡山の

RIMG2373空。
昨日、少し用事があって、岡山に行ってきました。
岡山は少し暑いぐらい。
空は青く、澄んでいました。


帰りに、車の中で知らない道に入っていきたいという葛藤と戦いながら家に帰りました。

ドキッとしますよね。
高速に乗るとき、矢印があって、
「⇒神戸」
とか・・・書いてあると
右に行きたいと思いながら
左にハンドルを切ってしまう・・・・

”理性”と言う大人と
”衝動"と言う子供の

強い葛藤

2005/12/30

今日から

RIMG2347 冬休み。
少し日が当たりはじめています。
窓の外は所々青い空が見えています。
少しだけいい天気になりそうな予感・・・

今年も もう終わりですね。

20051229b Taron35でとったものです。
露出計などついていないので、勘で合せます。
ネガフィルムの許容範囲の広さに助けられているようです。
この写真は、先日の雪の後にちょっと町はずれにドライブした時の物。
雪、深いですね。

もともと、こちらはこんな感じで雪の降るところでした。
この雪景色、懐かしく想いながら見ていました。

2005/12/27

冬の海に

20051227a訪れた時の写真が出来上がりました。
夏の頃の喧騒が嘘のように静まり返っていた海。
この時期、ベンチに座る人もいるわけがありません。

波だけは、以前より力強くてみていると吸い込まれそうな気持ちになったりします。

それでも人は海に惹かれて、
海の音に聞き入ってしまうのでしょうね。

20051227d夏の海と違って、冬の海は、心を落ち着けるための安定剤のようなものです。
誰もいないので、誰に気がねもせずに
そこに ぼぅっ と居ることが出来ます。




2005/12/26

羽があるみたい

今日、外来の患者さんの手、
いつもとちょっと見方を変えてアプローチをしてみたら結構ヒット。
細かい動作がとてもスムーズに。

で、「手に羽があるみたい」といってました。

おぉ、すごいねぇ。僕も嬉しいよ。

だけど、考えてみたら、もっと早くこんな風に出来たんじゃない???>自分

ごめんなさいね。
時々しかヒットが打てなくて。
もっとコンスタントにこんな反応が出せたら、今頃もっと良くなってるのに・・・・

反省することしきり。

2005/12/25

snow attack

RIMG0528 というほどでは無いけれど。
今日は久しぶりに天気が良かったです。

で、山へ。(^^;

雪は簡単に舗装路をラフなオフロードにと変えてくれます。
轍や雪の状態を確認しながら思ったところにタイヤをはこんでいく作業がこういった道を通る上でのコツになるのでしょうか?
ともかく楽しめました。
僕が運転するところを見たことがある人なら、どんなに嬉しそうにドライブしていたか想像が付くでしょうね。(笑)
RIMG0527
ところで、今日は
Taron35 New FM2 Caplio GX
を持って遊びに行きました。

Taron35とNew FM2はまだフィルムが残っているので、現像に出してまたアップします。

2005/12/24

現役復帰

RIMG2296 がありえるかどうか・・・・

いや、もう一度、2輪乗りとして生活して見たい。
そんな思いがずっとあるんです。
だから、ヘルメットも大切に保管してたり・・・・

まだ、現役で2輪に乗ることが出来るかどうか。
今の課題です。

ありえない

20051224b 組み合わせ。

だけど、ここに・・・・・

クリスマス

RIMG2240 今年もクリスマスがきます。
サンタクロース、もともとは、セント・ニコラスという人が起源だと言う話があります。
貧しい家にプレゼントや金貨を投げ入れたと言う話が元だと言う説です。
人を救おうと考えた優しさを感じる話ですね。

クリスマスには数多くの奇跡が起きてきたのを知っています。
だけど、一番の奇跡は誰かが誰かに優しくしようと思う心。
その心を多くの人たちが持つことの出来る日になっているという事。
一度にこんなに多くの人が誰かの事を想い、
優しい気持ちになることが出来る。

それはきっと、奇跡です。

その奇跡を起こすことが出来るのは、サンタクロースが存在しているからだと信じています。
サンタはきっと、胸の中にそっとやってくるのだろうとおもいます。
だから、
セント・ニコラスの意思を継ぐもの達が、
意志を継いでいるサンタさんが沢山、いろいろなところにやってくるでしょ。

その意思は、そっと心の中にやってきます。
煙突の中から家に来るのではなくて、いつの間にか、そっと心の中に。

サンタクロースって、本当にいるんですよ。

MERRY CHRISTMAS

優しいサンタが、あなたのこころのなかににもやってきますように。

メガネを

変えて見たのは、2週間前の事。
そろそろ、以前使っていたのが本格的にガタが来ていたので、そろそろだと思っていた。
ちょっと入ったメガネやさん、少し安くすみそうなので、物色して回っていた。
最初にとったフレームは以前とあまり変わらないようなモデル。
でもそれを手にとって店員さんに話しかけようとしたとき、ふと目についたフレーム。
あまり同じのでも面白くないし、これなら少しは知的に見えるかもしれないなどとあまり深く考えずに目についたフレームと交換して店員さんに話しかける。

今週に入って、テレビを見ていたら同じフレームをつけている時の人が・・・・

あぁ・・・、○○さんと同じメガネだ・・・・
RIMG2295

2005/12/23

映画 「SAYURI」

sayuri_wallpaper_1024 映像は非常に美しいです。
ストーリは、儚い人の愛といったところでしょうか。
だけど、どんな状況であれ、純愛と言うのは成立するのかも知れないなどと、ふと考えさせられたりしました。

ストーリーも良いし映像も良い、ただ、英語なんです。
いや、正確に言うと英語でも良いのだけど、時折、日本語が混じってきます。「芸者」「すもう」などの、英訳できないものならいざ知らず・・・・
「ねえさん、ありがと」
とかね。
これが、映画に引き込まれていた時間をふと現実に引き戻してしまったりします。これが非常に残念。
英語で作成するなら英語で通しても良かったように思うのですけれど・・・
日本語吹き替え版で見たら違和感がないかもしれないですね。
DVDで日本語吹き替え版をぜひ見て見たいような気がしますね。

ともかく、映像は本当にすばらしい。
どこをとっても写真に出来るような美しさにあふれていました。

久しぶりに劇場で見ました。とてもよかったですよ。


ところで、劇場でチケットを買うときのこと。
---SAYURIをおねがいします」
「はい、男性様と女性様の2めいさまですね」
---???(振り返ると納得)
「いえ、一人です」

後ろに、同じように一人で見に来ている女性がいたんですね。
若い女性でしたので、僕の連れと思われたのは心外だったかもしれないです。

ちょっと面白かった。(^^;

HOMESTAR|セガトイズ

リンク: HOMESTAR|セガトイズ.
物欲の扉が・・・・今開こうとしているような・・・・

本当に

20051223a 寒い日が続きますね。

気象庁によると、今年の冬は20年ぶりぐらいに寒い冬となるそうです。
暖かに過ごす方法を今のうちに考えておかないといけません。

この自動販売機、HOTもあると書いてあるけど、本当に暖かいのかと疑いたくなりませんか?(^^;
それと、冷たいコーラの誘惑・・・・

2005/12/22

14歳

20051222c で交通事故にあった少年。
脳の損傷を受け、全然動けなかった時期を越えて
彼はまだ回復を続けています。

去年、彼が高校に行くなんて、誰が想像をしたでしょう?
はかない親の願いとしてあったとしても、それは具体的なものではありませんでした。

今日、彼が嬉しそうに報告に来ました。
それは、未来に対する挑戦であり、僕達の希望でもあります。
脳の回復、その可能性への期待。

そして、これから持つべき「意思」の確認。

それは、僕にとっても嬉しいことでした。

これでも

RIMG2271通勤風景です。
何時もこういうときは山に突き刺さっている車があります。
まぁ、明日はわが身ですね。

今日も少し遅刻してしまいました。
この時期に時間内に行こうとするとかなり努力をしなければなりません。
今日は、努力が足りませんでした。

所で、今日は一つ嬉しい事が・・・・
それはまた後ほど・・・・

例えば、こんな

20051222a 雪の夜。

静かに降り続く雪。
息を殺して見入るほどに、静かな夜。

2005/12/21

おむらいす

RIMG2259 わりと近くにある喫茶店のオムライスです。
「花SARASA,」と言う名前です。

たっぷりかかった半熟卵にデミグラスソース。
普段はおにぎりとお味噌汁があれば十分なはずのおなかもこれはぺろりと入ったりします。

また食べにいきたいなぁ。

急に海が

RIMG0497急に海が見たくなりました。
いや、海鳴りが聴きたくなったのかもしれません。
曇天の海は荒れ模様。
だけど、海のつむぎだす音を聞いていると不思議と落ち着いてくる感じです。

海鳴り、以前聴きに来たときは何時ごろだったろうか?
聴きたいと思って海を訪れたのは本当に久しぶりなような気がします。

2005/12/20

その先に・・・

20051220d 先日、ドライブに行った時撮ったものです。

少しの時間だけ、車を降りて回りを見渡すと、川のせせらぎや風の音。深呼吸をすると新鮮な空気が疲れを癒してくれます。

この車の向いている先をじっと見つめて、この道を進むとどこに行くのかを考えていました。

また、暖かくなったら幌を開けてもっと自由に走りたいなぁ

2005/12/18

FM10で撮った空

20051218a
PLフィルターをつけないでとっているのでこんな感じです。
もうちょっと濃い目に青が出るといいかなぁと思ったり・・・
雪の降っている写真はほぼ全滅でした。
もう一つのフィルムが上がってくるのを待ってみよう。たぶんダメだけど・・・・(笑)
白い雪が積もっていると、晴れたときの影が濃く出てきますね。
20051218b
久しぶりに、写真の部屋の方を更新します。
よろしければどうぞ・・・

空の色

RIMG2226
今日は、朝:FM2(現像は明後日)・昼:FM10(現像は今日の夕方)とCaplioという体制で少し写真をとって見ました。フィルムの方はうまくいっているかどうか全然わかりません。まぁ、Caplio GXは相変わらず空の色が綺麗に取れます。
雪はあまり沢山じゃないけど、かなり冷え込んでいます。

体調を崩して風邪やインフルエンザにかかりませんように注意してくださいね。

深夜

RIMG2222
AM4時から電飾を探しに外に出て見ました。
横殴りの雪。道路の表示によれば、気温は-2度から-4度ぐらい。
結構冷えてます。

こんな時間から電飾は無いですね。
ケーキ屋さんの窓の中に小さな飾りがあるのを見つけて着ました。

暗闇の道、雪で視界をさえぎられ、普段と違う表情の道と風景に、全然知らない街に迷い込んだかのような錯覚に陥って、しばらく楽しんできました。
RIMG2214


これも電飾?

さて、そろそろ寝よっと。

2005/12/17

もう一人の相棒

20051218a
こないだ撮ってきた写真が仕上がっていました。
まぁ、相変わらずピントが合いきらない写真たち。
いくつかはアップできるのもあるかも・・・

ビート、楽しいですね。
一人でドライブに行くのにこの車はぴったり。
エアコン以外は元気いっぱいで走ります。
この車は、乗ったことがある人ならわかると思いますが、乗った瞬間に気ままにどこかに行きたくなると言う特徴があります。(笑)

普段はそれに耐えないといけないというストレスもありますが、その気持ちを開放させて知らない道へと入って行く時はとても気持ちよいですよ。

うしっ!!!

RIMG2144
酒に飲まれること無く・・・・・?
帰還しました。

これは、忘年会での一こま。
ノリまくりです。

印刷して渡します。(笑)

2005/12/16

書籍「考える細胞 ニューロン」

20051216a
これ、かなり良いです。
もともと文系の研究者が神経科学の分野に転身してかかれたものです。そのため、何より読みやすい!
それから、強烈に研究者達の権威主義を批判しています。それも、歴史的にどのような発展をしてきたかという面では興味深いです。
人に脳の可塑性のことを説明するときにこんなふうに話せばわかりやすく興味も引きやすいだろうというモデルになるような気もします。

始めの方に、ゾウリムシ(単細胞生物)も学習すると言う実験の話が出ています。
細胞単位でも学習が起こりうるということ、これは僕は初耳でした。
同業者の人のみならず、普通に読んでも脳に興味のある方であれば違和感なく読めるものだと思います。

かなりお勧めです。

2005/12/15

さよならの向こう側

RIMG2103
てくてくてくてく

朝の通勤。
電車で来るのは久しぶりです。
大きな橋をゆっくり渡って行きます。

みんなそれぞれに忙しそう。
僕もそんなにノンビリしているわけではありません。

橋を歩いていると、シジミをとっている人たち。
RIMG2104
この時期、シジミはとても美味しいです。
こんな時期にここをとおっている経験がない人は見ることもない風景でしょう。
かつての同僚もここを通っていたと思うと、何時も車の通勤では見ないこの景色も大切に思えてきます。

信頼とは、難しいものですね。
かつての同僚が、無条件の信頼を僕に寄せてくれたので、僕はそれに応えようと思いました。
だから、この地に安心できるサービスを展開できるようにと。
だから、頑張っていろいろやっていこうと思います。

RIMG2109
この前、ここに立ったときは暖かな時でした。
さよならと手を振った向こうのホーム。

今は雪の舞う季節。

その人が僕に教えてくれたのは、患者さんを想う気持ちの大切さ。
僕より経験の少ない人だったけれど、僕より大事な物を持っていました。
その人の方が、ぼくよりこの職種に向いていると今でも思います。

どうか、まだ、同じ道を歩んでいますように。

さよならの向こう側。
まだ、道が続いていますように。


てくてくてくてく

駅の中

RIMG2097
駅のなかです。
何もありません。

何もないから、優しさがあるかも・・・・

今日は、飲み会で、電車で通勤です。
朝の駅は、それはそれで・・・・・

足跡

20051214d
隠そうとしても
隠れないもの。

映画「電車男」

こんな純情な人間なんていねぇよ・・・
などと思いながら・・・。

むかし、Nifがパソコン通信だった頃、BGSやCBで盛り上がっていた頃。
文字だけのコミュニケーションの難しさを感じながらいろいろなことをしていました。
そのなかで、本当に結婚していった友人がいるのは事実です。
夢物語と言うわけではないのでしょうね。

中谷美紀さんはあまり好きなタイプでは無いのですが、映画を見て行くうちにとてもかわいく見えてきました。
それほど引き込まれてしまったのでしょう。

面白かったですよ。

2005/12/13

降雪

RIMG0490
真っ白な世界は美しくもあり・・・・
残酷な様でもあり。
今までの大切な記憶が真っ白にかき消されていくような感じ。
だけど、
寒さに忘れそうになったとしても
雪の下にはしっかりと存在しているはず。

エスクード近況

200512_12
そう言えば・・・・
先日タイヤの交換に行きましたが、その時にエンジンからの異音を指摘されました。

キュルキュルルルル・・・・

ベルト関連だろうと読んでいたのですが、どうやらウオーターポンプ周辺のトラブルらしい・・・
7万キロをこえようと言うエスクード君、少しづつガタが来てるみたいです。

だけど、隙間風の入るドアも、キズだらけのボディーも、わけのわからないパッキンが外れてしまったサンルーフも、全然気にならないぐらい気にいって入る車です。むしろ、この車らしく走らすためには多少の不具合があった方が思い切り良く使えるし・・・

お店の人には買い替えを勧められるけれど、朽ち果てるまで使いきってやろうと思ってます。
何よりいろいろな時間を共に過ごしたので、手放す気になれません。

という訳で、雪の季節。エスクード君はこれからが本領発揮のはずだけれど、ただいま入院中。

2005/12/12

RIMG2090
寒い夜になりました。
沢山の雪が降っています。

「何もかも覆い隠すのが、俺の仕事さ」

とでも言わんばかりに降り続いています。

沢山の雪が積もるのでしょうね。

2005/12/10

RIMG2013
うーんと・・・・ちかくのJR駅です。
中も取りたかったのですが、なぜか行った時は大勢の人でにぎわっていたので断念して帰ってきました。
中にもクリスマス用の電飾は一切無かったです。(笑)
夕方以降は駅員さんもいなくなります。(^^;

寂れた雰囲気が良い感じ。(笑)

アイテム

20051210b
新しいアイテムが届きました。
CanonScan 5400F
スキャナです。
今までは、随分以前に仕事で何かの発表をするためにあわてて購入したエプソンのGT-7000Uと言うのを使っていたのですが、写真を取り込むのに使い勝手があまり良くなくて、ひそかに物色していました。

新しいのは楽チンですねぇ。
快適快適。
あとは、良い写真が撮れるのを待つだけ・・・。(笑)

この写真は、フィルムからスキャンしたものです。
今までの手間を考えたら信じられないくらい楽にこういう作業ができます。
良い時代ですねぇ・・・。

RIMG1993
通勤の最中、ふと空を見上げれば
どこかで見たような唇

微笑んでいるような、何か話したそうな・・・

2005/12/08

それでも

RIMG1988
遅くなるまで仕事して。

陣地取りゲーム

今年も、医療保険の改正の時期がやってきました。
限られた資産(保険によって得た収入)をパイにしたゲームの始まりです。

もう始まっているんですけどね。(^^;

今年は、開業整形外科医の集団が、リハビリを食い物にしようと画策している模様。
運動器リハビリテーションという項目で、リハビリの技術者がいなくても保険請求できる分野を新設する様子。

パイの大きさは限られているので、その皺寄せをどこかが受けるのですが・・・・・
長期的にフォローが必要とされる脳血管障害(脳梗塞や脳出血、頭部外傷や脳性小児麻痺)の外来の点数が削られる可能性が大きくなっているようです。

外来で治療を受けていた脳損傷関連の患者さん達、急に外来が終了しても、病院をうらんではいけません。
開業医整形外科医を恨んでください。
もしくは、それを通してしまう厚生省。


厚生省の製薬会社への天下りを止めさせて、製薬会社へのフォローを停止すれば薬価が減少し、全体の医療費がかなり抑制されると思っているのは僕だけではないはず。
厚生省退職後製薬会社に数年勤めて数千万の退職金を得る天下りが沢山いるのが医療の質を低下させている大きな原因でしょう?
郵便局をかまうよりよっぽど大きな経済効果が期待できると思うのですけれどね。>政治家の皆さん
厚生省は手が付けれないから郵政でごまかしているのではないでしょうね>自民党

日常

docu0015
何気なく過ぎて行く時間。
日常は、何気なく過ぎて行きます。

何をしていたか
何を感じていたか
何を考えたか

何気なく過ぎ去って行く
時間の塊。

2005/12/06

時々・・・・

先日、外来で来る患者さんの地域でのリハサービス支援者からの報告がありました。
それによると、その患者さんは障害の受容が悪くて、問題だとさ。

ふーん

障害って、受容できるんだ。
障害の受容って、ありのままの障害を受け入れることだよね。
それって、悟りと一緒でしょ。
障害を持つと、悟りが啓けるんだね。

いいねぇ。

だけど、悟りの啓ける人には差し伸べる手は必要ないよね。
諦める人に差し伸べる手はないかもしれないけれど、
何とか生きようともがき苦しむ人になら手を差し伸べたいと思うよ。
そっちの方が、人間らしいと思う。

僕は何も悟ってないから。
だから、悟る事を強要出来ない。

障害の受容、あんた、自分で出来ると思ってるの?

などと心の中で毒づいたりして・・・

2005/12/05

通勤

RIMG1975
やっぱり雪が降りました。
いきなり冬ですね。
タイヤを変えるタイミングを間違えたようです。
まだノーマルです。
とはいえ、四駆のATタイヤ、少しぐらいなら走る事は走ります。
まぁ、変えた方が良いのですけどね。

先ずタイヤを何とかしないといけないかも・・・・
今週末にでも車やさんに行こうと心に誓いながらの通勤でした。

2005/12/04

Taronの秋

051204
なんていうことのないありふれた紅葉の写真です。
でも、久しぶりにTaron35にフィルムを通したので・・・。
結構、勘でシャッタースピードと絞りを決めるのになれてきたかも。
ダメ元でシャッターを押して行く度胸はつきました。(笑)
こんな写真でもじっと見ていると、またTaron35を連れてどこかに行きたい気分になります。

ところで、こちらの方は雪起こしのような雷がなっていました。
もしかすると夜から降るかもしれません。
降ってもも積もらないだろうけれど・・・・

静かな夜になりそうです。

映画 「CONSTANTINE」

リンク: 作品紹介『 コンスタンティン 』.

CONSTANTINE

やっと見ました。 見たかったんです。キアヌ・リーブス 相変わらずかっこいいですね。 ジッポで煙草の火をつける仕草は本当にかっこいい。 設定はヘビースモーカーで肺がん末期で余命があと一年のヒーローということらしいです。 ストーリーも楽しめますが、何より、映画を見終わった後に長時間の禁煙キャンペーンCMを見ていたような独特の印象が残った事がなんとなく面白かった。(笑) 見始めにはあまりに おいしそうにかっこよく煙草を吸うシーンが多くて、思わずもう一度煙草を吸いたいと思うところでした。 が、中盤になると、煙草無しではいられないニコチン(薬物)中毒の悲しさが表現されており、いたたまれなくなります。 ラストは・・・ね。

2005/12/03

雲の上

RIMG1706
雲を見ていると、ふと想像してしまうことがあります。

あのとんがった雲の上に乗って、うつ伏せになって、下の世界を見ると、どんなだろう?
いろいろなものが見つかるだろうか?
探してるものが見えるかなぁ?

実際にあの雲の上に自分がいるような気さえするぐらい、真剣に想像してしまいます。

僕は高所恐怖症なんですけれどね・・・(笑)

2005/12/02

ABA実験デザイン

ABAとか、実験デザインとかと言われてもわけのわからない人が多いかもしれないですね。
簡単に言うと、
単一事例における研究の方法で、Aという介入をして見て効果が如何かを確かめる。Aの要素をとりはぶいてBという介入に切り替えてその効果を見る(非A)。さらに介入をAに戻して、確認する。
と、こんな感じでAと言う方法の効果を確認したりするわけです。

さて、今、外来患者さんでRSD(反射性交感神経性ジストロフィー:手とか足が腫れて非常に痛くなる症状)の人が来ているわけですが・・・。
以前担当していたRSDのケースでは、薬物(ステロイド)と同時にリハのアプローチをさせてもらったのですが、今回は、初めは薬だけで良くなるかどうかを確認するために当院でのリハは行いませんでした。で、どうしても、薬物だけでは限界があるということになって、僕が呼び出されて担当する事になります。
気分は実験材料ですね。
ま、良いですけどね。

ただ、ちょっと面白いのは、この人、数年ごしに他の病院で現在もリハのアプローチを受けているということ。
狭い地域ですので、どのお医者さんとPTやOTが関わっているのかはこちらにはわかるんですね。
患者さんも面白がって、向こうの病院にはこっちの病院で治療が始まっていることは話してないそうです。
少し興味深いコントロールスタディですね。

あ、ちなみに、この患者さんは、こっちの病院によくお見舞いにこられていたのですが、体の状態が悪そうなのを見るに見かねて当院のお医者さんが治療を始めたのがきっかけです。
決して他意はありませんでした。
現在は、機能は完全に回復していない状態ですが、痛みと腫れは減少して状況的には良くなってきています。

2005/12/01

疲れたときは

RIMG1902
頑張りすぎない。
頑張りすぎると、本当に動けなくなるから。
今までに覚えた事の一つ。

だから大丈夫。

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »