最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« ワンダと巨像が | トップページ | 涙 »

2006/01/08

片付けていたら

20060109a

出てきた人形。
学生時代に作った、紙粘土の女の子。
捨てるにはかわいそうで、
あげる人も無く、
ふと気づけば、まだ僕の手の中に。

造りは雑だけど、
結構可愛いでしょ。

« ワンダと巨像が | トップページ | 涙 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こうやって見せられるものならいいんですが、こないだの大掃除で昔の彼女の写真とか高校の頃の日記が出てきて…赤面。
そして息子2歳と上野動物園で仲良く…という写真が出てきて…正直、ロクな親父ではなかった自分をかなり反省して落ち込みました(笑)

>ぱあまや偏遊人 さん
いやいや、物持ちが良いですねぇ。
彼女の写真、きっと捨てれないくらい大事なんでしょ。(^^;
子供さんとの写真も大事ですよね。
何で、ろくな親父ではないのか理解しかねますが、皆さん、いろいろあるのでしょうね。

だから生きていて変化があって面白いのかなぁ。もちろん面白いと思えるのはもっと後になってからということも多いのでしょうけれどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80586/8050661

この記事へのトラックバック一覧です: 片付けていたら:

« ワンダと巨像が | トップページ | 涙 »