最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« モノクロの朝 | トップページ | 酒と音楽 »

2006/01/31

時の流れ

Scan10025時の流れを見つめ続けるもの

今まで何を見つめ
これから何を見て行こうというのだろう

月日は百代の過客にして行き交う年も又
旅人なり

« モノクロの朝 | トップページ | 酒と音楽 »

写真」カテゴリの記事

コメント

おお!芭蕉ですな。粋な完結です。
これ1体だけなんでしょうか?
閻魔大王のようにも見えますが
実物を急に見たら結構コワイかも。

>偏遊人 さん
一体だけです。
何なんでしょうね。
お寺に向かう山の中腹に、いきなり存在しています。
結構怖いですよ。
夜はあまり見たくないかも知れない石像です。

偏遊人さんの言うとおり、閻魔大王にも見えますねw(°o°)w
何か守っているのかしら・・・

>ゆかみに さん
人を裁き、人を救うのが閻魔王の役割だそうです。
死から守りもすれば死に誘いもすると言うことでしょうか。
閻魔王だとすれば、人としての在り方を守っているのかもしれないですね。

こんにちは、これはまた、本当に時の重みを感じる一体ですね
怖いイメージもあるにはありますが
何かを守ってる?そう
左手に何かを抱いて守っているようにも見えます
いつも、黙って拝見してます。

>代官 様
コメントありがとうございます。
確かに、何かを抱いているような感じですね。
右手にある刀は抱いているものを守っているのでしょうか?
比較的大きな石像ですので、少し圧迫感があって近寄れません。
今度訪れるときは50mmのレンズだけではなくて広角でとれるものとズームでいける機材も持っていってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80586/8437275

この記事へのトラックバック一覧です: 時の流れ:

« モノクロの朝 | トップページ | 酒と音楽 »