最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 16/感度 | トップページ | そのとき日本は・・・・ »

2006/03/30

最近

運動神経生理学講義―細胞レベルからリハビリまで
という本を読もうとしてます。

神経の伝達から教えようとしているらしく、はじめは浸透圧とか、イオンのこととか色々書いてあります。
”モル”という言葉に頭を悩まし、電荷のことに思いをはせる・・・

ウキッ???

あぶな、頭が・・・猿になりかけた。

ところで、この本、時折、質問が書いてあるのです。回答集などというしゃれたページはございません。
はじめの所に、質問にも答えが出せるものと出せないものがあるなどととてもおしゃれな呪文が記載してあります。

ウキッ???

おっと、またお猿さんに変わりかけた。

で、読んでいたんですよ。
それなりに納得したつもりになっちゃったりして。
で、新しい質問が書いてありました。

「前の章に誤り(不適切な)があるところがある。そこを見つけなさい」

はぁ????

ウキィィィィーーーーーーーーーーー!!!!

そして、僕は猿になってしまい、この本を読み進めることができなくなります・・・・

« 16/感度 | トップページ | そのとき日本は・・・・ »

仕事」カテゴリの記事

コメント

あ~…生理解剖学に出ますよ細胞間の電子…
「髪は細胞から成るものであり細胞間には5大栄養素…
DNA…核酸…省略…プラスの電子とマイナスが…」
そこまで説明できませんって!
そこまでお客さん求めませんって!
確かにおっしゃることはわかりますがそこまでつっこんでもなぁ…。
心理学を勉強すると脳の構造とか神経伝達系なんかからやるらしいですね。
学問は真剣に取り組むと混乱するのもありますよねぇ(苦笑)

コンピュータの専門書でも大学の先生が教科書にすることを念頭に書いた本で問題付きってよく見かけます。

さすがに
>「前の章に誤り(不適切な)があるところがある。そこを見つけなさい」
はつらいですよね(笑)。

>ぱあまや偏遊人 さん
心理学は、昔のように観察からだけで済む世界ではなくなっています。心も動きもそれを織りなすものは、脳の神経細胞の単純な電位変化であり、その電位変化を伝える伝達物質と、非常に複雑な神経ネットワークであることが解っていますから。
いくつになっても学ぶことは多く先が見えませんねぇ。
もっとも、すべて解ってしまったらたぶん退屈になるのでしょうけれどね。

>miz さん
誤りを見つけろとか、酷いですよね。
しかも答えが書いてないし。(-.-)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近:

« 16/感度 | トップページ | そのとき日本は・・・・ »