最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 生命の | トップページ | そこには »

2006/04/29

散りゆく

Scanfilm0359 生命の悲しみも・・・落ちています

« 生命の | トップページ | そこには »

写真」カテゴリの記事

コメント

花は短く終わっちゃいますが、次が控えてますから今は忙しいです(笑)。

花ごとボトリ!と落ちる「椿」には、悲嘆さえ感じます。
それに比べ、花びらの散る「山茶花」の方は、寂寞感…ですか…。

1つの花がなくなっても、次の花が…あれmizさんに先越されてる…
1つの恋が終わってもまた次の恋がやってくるから泣くのはおよし
「終わりは始まりへのプロローグである」とワタクシが言いました(爆)

>miz さん
次々と移りゆく花を見ていると、なんだか自然の命を感じます。個として全体。全体として個。
流れているようで同じものであったり、同じようで違うものであったり。
面白いです。

>飯村和彦
花びらが散ったり、花ごと散ったり。
たぶん、何らかの理由があるはずでしょうけれど。それが何の理由かはわからないです。


>ぱあまや偏遊人 さん
(^^)
始まりは終わりへ。
終わりは、始まりへ。
人生ですねぇ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80586/9782145

この記事へのトラックバック一覧です: 散りゆく:

« 生命の | トップページ | そこには »