最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 評価って | トップページ | 気の早い »

2006/04/07

鯨と牛

鯨を食うなと言う国がある。
哺乳類は頭が良いから食べるのはかわいそうだということらしい。

僕の知識では、牛も哺乳類だが???
バッファロウも哺乳類だが?

毛皮ほしさに動物を乱獲した国。
牛をたくさん育てるために、共食いさせるようなまねまでさせた国。
石油ほしさに戦争さえ起こす国。

その国は、鯨がかわいそうだから食べてはいけないという。
鯨は、まだ、食われないために戦うことができる。
牛は戦えるのか?

牛にしてみれば昨日まで食事(それも共食いのだけれど)を用意してくれた、友人と思っていた人が、突然裏切る。
それがその国の言う正義と言うことらしい。

欲望のために生きとし生けるものを殺すのが正義なのか?
生きるために鯨を食うのは罪なことか?

« 評価って | トップページ | 気の早い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

クジラは確かにワケわからん差別と偏見ですよね。
増えているのも確認されているにもかかわらずまだ制限…
ヘンなエゴと裏がウヨウヨありそうな気配がしますね…。

>偏遊人 さん
時折、鯨が食べたくなります。
新鮮な鯨を食べることができないことにいらいらしたりして・・・
食べ物は、文化です。
その文化に干渉してほしくはないですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80586/9475262

この記事へのトラックバック一覧です: 鯨と牛:

« 評価って | トップページ | 気の早い »