最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/30

目的地は、どこですか?

Scanfilm0434 「はい、僕の知らない道です。」

「だから、まよったりしません。」

缶の記憶

Scanfilm0429_1 しばらくの時間、この空き缶の持つ記憶を遡ってみる

2006/05/29

朽ち果てた樹木は

Scanfilm0427 もう、「樹」という名に値しないかもしれないけれど

かつて、生命の力に満ちていた時があったことを

今でも誰かに教えようとしている

2006/05/28

水田には

Scanfilm0451 まだ弱々しい苗がありました

2006/05/27

give up

Scan10172 もう

これ以上は、進めなかった・・・・

2006/05/26

さざ波

Rimg2960 雨上がりの夕方

家の外では、蛙がたくさん、鳴いてます

明日も雨が降りそうです

Taronのみた休日

Scan10142 連休の時にTaronで撮ったものです。

また、休みが欲しいなぁ・・・

2006/05/25

光があたり

Scanfilm0408 影がうまれた

2006/05/24

雨の季節を

Scan10166 「じっと待ち続けるもの」

この時期、蛙の声が少しずつたくさん聞こえてきますね。

蛙の声
雨の降る音

嫌いではありません。

2006/05/23

気配

Scanfilm0420 そこにはまだ人がいるらしい

2006/05/21

このまえ

Scanfilm0417 遊んだのは、いつだったっけ?

風に乗って

Scan10136 空に舞い上がれたら気持ちいいのだろうか?

彼らは飛び立つために 準備中

2006/05/20

やっと

Scan10165 学院の今日の講義資料が完成。
まだ昼からの同職種の集まりの分はこれから・・・

外は雨の音。
新聞を配るカブの排気音。
鳥たちが目を覚ました声。

なんだか、突然、打ち寄せる波の音が聞きたくなる朝。

朝から現実逃避・・・かぁ(^^;

2006/05/19

Rimg2939 Caplio GXにワイコン、やはり手軽で面白いですね。

今は、外は雨の音。
これから雨が強くなるようなことをテレビが言っていました。

今週土曜日は、AMに学生に講義してPMは同職種の集まりで話をしなければならず・・・

資料はまだ未完成。

時が過ぎていくのがつらい日々です・・・

2006/05/18

ゴメン

Scanfilm0415_1 そばにいて欲しくて

2006/05/17

隙間無く

Rimg2922 自然はすごいですね。
渦のようにも見えるぐらい精密に、隙間無く敷き詰められた「黄色」

近くに寄ってみると、改めて自然の無駄のなさに驚きます。

2006/05/16

出口

Scanfilm0397_1 たぶん こっち

・・・
Taron35でとったモノクロです。
ダークレスキットでの現像もだいぶんなれてきて、失敗が減ってきました。お店に出さなくていいのが気楽でいいです。

まだ、現像待ちのフィルムが手元に一本・・・・

2006/05/14

警戒

Scanfilm0401身を潜めて
じっと周りの状況に気を配る

2006/05/13

この空を飛べたら

Scan10146 Taron35で撮った空です。

夜中仕事をして迎えた朝は、煮詰まってますねぇ。

我ながら・・・・

今日は雨です。
もう数時間で講義に行ってきます。

旅の途中

Scan10148_1 どこから来て、これからどこへ行くのか。

バイクをみると、色々想像してしまいます。

ツーリングって、楽しいだけよりも、しんどかったツーリングのことの方がよく覚えてますよね。後で思い返すのはそんなときのことばかり。

この旅は良い旅ですか?

2006/05/12

木漏れ日の中

Scanfilm0386 じっと、持ち主を待つ自転車

こんな日ばかりなら待つことも

悪くない  

タブン

2006/05/11

逃げろ!

Scan10151 でも、

何から?

夜の公園は

Scan10139_1日中のたくさんの人たちのことを想いだしているよう

natura というフィルム、面白かったです。

また、いつかこのフィルムを入れて夜の街に出かけたいですね。

さて、少し講義の方針が固まりつつあります。
後は資料をつくるだけ・・・
あと2日で、講義開始。
しばらく忙しい日々が続きます。

2006/05/10

Scan10140  仕事をしている夢を見た

何かを伝えようと、一所懸命話している夢

伝えようと思ったことが何一つ伝わっていないような気がしていた。

ふと周りを見ると、懐かしい人がほほえみを浮かべてこっちをみていた・・・

2006/05/09

bench

Scan10141 疲れましたか?」

と声をかけたくなります。

FM10 50mm f1:1.4  Natura(ISO1600)
夜でも三脚なしでこんな風に写ります。
結構楽しいかも・・・・

だけど、このフィルム、高いですねぇ・・・

今週末は、とうとう講義に行かなくてはなりません。
というわけで、ただいま準備中

ネムイ・・・・

2006/05/08

Keep Walking

Scanfilm0399 Scanfilm0385 Scanfilm0383 Scanfilm0381_2

大切なこと
歩き続けること

清流

Scan10132 連休のはじまりは、

こんな所で時間を過ごしていました。

連休も終わり。

考えてみれば、このときがもっとも休日らしい時間の使い方をしていたのだと思います。

2006/05/07

OFF

Scan10134 「日常」のスイッチは”OFF”

たまには

Scan10135 こんな休日も

悪くはない

2006/05/06

川は

Rimg2902 いつでもそこに在るけど

流れている水はいつも違う

2006/05/05

了解

Scan10121 たぶん・・・というか、確実に右にちらっと見えている石版に上るなと言うことでしょう。

はじめみたときは、
「この棒の上に上るな」という意味かとおもい”むりむり”と考えました。
もうしばらく考えて、
「空に上ってしまうなと言うこと?」
などと思案しました・・・
それはそれでこわいかも・・・・

この棒の意味を正確に捉えることができたのは、しばらくたってからでした。

2006/05/04

誰もいない

Scan10122 木々の中をひた走るのは

最近のお気に入りの時間の過ごし方。

2006/05/03

山の朝

Scan10124_1 Scan10119_2 Scan10131_1     

朝から山に登ってみました。

知らない道を上っていくと、やはり知らない風景がありました。

長い間ここの地域に住んでいるのに、まだ知らないところがあることに驚きます。

2006/05/02

海の朝

Scan10126_5 朝焼けの海

50mm f 1:1.4

このレンズで映す海の色が結構気に入ってます。

自然はこんなに多彩な色があるということに気づかされました。

Scan10127_5 色々な表情の海

朝の海はみていて飽きません

海と空

時とともに表情を変えていくのがとても楽しい

色々な朝焼けの海の色をみに、車を走らす。

Scan10125 いつかしてみたいような気がします。

2006/05/01

久しぶりに

Rimg2895昔走り慣れた山道へ・・・。
まだ、コーナーリングにとまどいを覚えつつ走りながら、ちょっと休憩。
連休の間とはいえ、今日は本来は平日。
ほとんど車の通りのない中を、ひたすら走り回る。

コーナーが近づく。
コーナーのRを読み、適切な速度までブレーキング。
バランスを一瞬崩すようにしながら体制を整えてコーナーに飛び込んでいく。
クリッピングポイントをかすめたらアクセルをあけてコーナーの出口へ。
延々と繰り返すこの作業をしていると、頭の中はそれだけになってくる。

それが気持ちいい。
うまくいくと、とても気持ちよくバイクは曲がっていく。
減速をしすぎるとのったりとしてなんにも面白くない。
減速が足らないと非常にスリリングで、やっとコーナーを抜けてもその後ががたがた・・・・

理想的なコーナーリングスピードとラインをひたすら目指していく。

疲れた帰り道。
交差点で、横にYAMAHAのV-MAXがつけてくる。
軽く会釈をすると、向こうも、少し年を重ねてきたライダーだった。
少しだけ、共感じみた空気を感じる。

ちょうど良い疲労感が体を支配する。
今日は、久しぶりにゆっくり寝ることができるだろう・・・

街で

Scanfilm0346 見かけた2ストロークのバイク

妙に仲間意識があったりなんかして・・・

今日は、僕はお休み。

一日バイクで走り回ろうかと思案中

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »