最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 朽ち果てた樹木は | トップページ | 目的地は、どこですか? »

2006/05/30

缶の記憶

Scanfilm0429_1 しばらくの時間、この空き缶の持つ記憶を遡ってみる

« 朽ち果てた樹木は | トップページ | 目的地は、どこですか? »

写真」カテゴリの記事

コメント

仲の良い、
カップルが、ちょっとしたことで喧嘩でもしたようですね。
でも、直ぐに「和解」。
その置き土産でしょうか…。
いい写真ですね。

>飯村和彦 さん
寄り添う缶が、何か言いたげですよね。
喧嘩の後の和解、それも楽しい記憶です。
好奇心、そそられます。
この缶はちゃんと、事実を見つめていたのでしょうね。

工事現場のバイトした時を思い出します。
さんぱつやさんのお父さんも我々も休憩時間が曖昧…
きちんと一服もらえる仕事というのは新鮮でしたね~
あと定時で上がれるというのも(笑)

>ぱあまや偏遊人 さん
一服もらえる・・・・
休憩がもらえると言うことですよね。
こちらの地域では、休憩を取ることを「たばこ」と表現したりします。
一服と何か通じるようなきがしますね。

おお!秋田もそうらしいと矢口高雄先生が言ってました。
たばこも2月にやめたのですがそれでも「たばこしようぜ」なんでしょうね(^^♪

>ぱあまや偏遊人さん
やはり、昔は作業の合間の休憩に煙草を吸っていたような習慣があったのかもしれないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80586/10303183

この記事へのトラックバック一覧です: 缶の記憶:

« 朽ち果てた樹木は | トップページ | 目的地は、どこですか? »