最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 幹を | トップページ | 昇りゆく »

2006/06/20

When The Winds Blow

Scan10201風に吹かれているもの、写してみたいという気持ちはありました。

風に吹かれて舞う紙切れとか、花びら、雪、色々なもの。

だけど、なかなか難しいですよね。

歩いているときに、見つけた簡単な風見です。

これなら・・・。

ところで、昔、「風が吹くとき」という絵本を読んだことがあります。

David Bowieがこの物語のために、タイトルの曲を作っていました。

« 幹を | トップページ | 昇りゆく »

写真」カテゴリの記事

コメント

おお!ホントに風見鶏だ!夕陽とセットなのがいいのかもですね。
「風が吹くとき」ってチェルノブイリのことでしたっけね?

>ぱあまや偏遊人さん
チェルノブイリ、そんな話だったと記憶しています。
政府の報道がメチャクチャで、老夫婦が被爆して死んでいく内容でしたっけ。
扉をついたてにして隠れていろと・・・
そんなことより逃げた方がいいのだろうけど、逃げることで、放射線をキャリアとしてほかの人たちを被爆するのを避けるための情報だったのでしょうね。
報道の怖さと無知の怖さを表した作品でした。
今の日本でも似たようなことは起きています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80586/10602079

この記事へのトラックバック一覧です: When The Winds Blow:

« 幹を | トップページ | 昇りゆく »