最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006/07/31

移り変わり

Scan10287季節は変わる。

だけど、変わらないものも、きっとある。

2006/07/30

よくやった

みんな良くやった。

8時間、長い長いレースをご苦労様。

TSR 優勝おめでとう

ヨシムラ スズキ 3位。優勝できなかったとしても、また応援するよ。

また、あそこに行きたいなぁ・・・

廃道?

Scan10290 先日、とある学院に少しばかり講義をしに行ってきました。
結構山奥にあったので田舎道なのですが、道がどんどん新しくなって来ています。

使われなくなった道、ほとんど人も車も通ることの無くなった道が何本かできていました。

まだ、使われなくなって間もないのか、酷く荒れた状態ではありませんでしたが、注意深く進んでみました。

Scan10293講義が終わったのが、午後3時過ぎ。
後は、ゆったりした時間を楽しみながら帰るだけ。

たまには、そんな時間も必要ですよね。

(「たま」ではないじゃないか!と言う突っ込みは却下します(笑))

人通りのない道は、なぜかしら気分が落ち着きます。

Scan10292 カメラは、Taron35。
露出は感度分の16を基準に後は運任せ。

明るいところは撮りやすいですね。

でも・・・・

暗いところを撮るときに、何処に露出を逢わせるのか悩んだりすると・・・・

Scan10291_1 こんな微妙な写真が仕上がったりして・・・

これは光のあたった木に露出をあわせて見たんですけど・・・

思った以上に光の周りが暗く写ってしまった・・・・(^^;

2006/07/29

選択肢

Scanfilm0485医療に携わっていると、「選択肢」という言葉を意識することが多いような気がする。

病、これにとりつかれると、人は選択肢を失う。
強く生きる以外の選択肢を閉ざされてしまうように見える。

強く生きる人に心打たれることもあるかもしれない。

だけど、その人たちは強く生きなくては、「生」の実感を持ち得ないかもしれないことも、

心のどこかにおいておくべきでは無かろうかと、思ってしまう。

だから、強く生きて欲しいと願うと同時に、

僕はそれを強要できない。

それは・・・

お散歩の

Scanfilm0476

相棒です。

少しソールがしっかりしていて

多少のラフな道でも、滑らずにグリップしてくれる

結構お気に入りの靴

2006/07/28

Station to Station

Scan10279Got to keep searching and searching
Oh, what will I be believing and who will connect me with love?
Wonder who, wonder who, wonder when
Have you sought fortune, evasive and shy?
Drink to the men who protect you and I
Drink, drink, drain your glass, raise your glass high

It's not the side-effects of the cocaine
I'm thinking that it must be love
It's too late - to be grateful
It's too late - to be late again
It's too late - to be hateful
The european cannon is here

music  David Bowie
album  Station To Station

深夜急行

Scan10278 Scan10280 Scan10282

夜に見る夜行列車の窓の光は、何となくあこがれるものがあります。
だけど、あまり夜行に乗る機会って無いですよね。

こないだの出張の時、夜行を利用することになっていたので、少しだけ楽しみでした。
で、FM10で撮ってきたものです。

雨の中を走る夜行列車。

出張でなければもっと楽しかったかも・・・・
だけど、出張でもないと利用しないでしょうね。

で、カメラを持ちながら思い浮かべていた音楽は・・・・↑の記事

2006/07/27

夏が

Scan10246ソロソロとやってくる

ソロソロ 寝なきゃ・・・・(^^;

2006/07/26

そこには

Rimg0785きっと、いろいろな想いがあるのだと思う

雨の季節も、そろそろ・・・
さようならですね。

子供の頃は

Scanfilm0512 あんなに長く感じた路地

今は、こんなに狭く短い路地

2006/07/25

優しい

Scanfilm0516まなざし

後ろから見ていても、優しいまなざしがわかるような気がします。

Taron35はシャッターの音が小さいので、こんな所でも余分な緊張感無くとれるのがいいです。

2006/07/24

人は

Scanfilm0509ともかく

体を動かしたくなるときがあるものさ

理由は後から探せばいい

2006/07/23

時折

Scan10270空に、強く心ひかれます。

以前にも書きましたが、空をみているとじっと見入っていたくなるときがあります。

何でだろう?

2006/07/22

ひかりを

Rimg3075依り代に 煙となり

解放される

どうしても

Scan10265君の見ている

夢をのぞいてみたくなった

Scan10266 どんな夢を

みていたの?

手伝えることは

何かあるかい?

特訓の

Scanfilm0495成果があったような。

今回の水害でかなり閉鎖された道路が多かったです。
通勤の時に、なかなか職場にたどり着けず・・・

田んぼの間の道や、通れないかもしれないといわれる道を行けるところまで行ってみると突っ込んでいき、クリアしたり・・・・

エスクードは車高はそんなに高くないのでそこまで無茶はしないけど、普通車なら躊躇するような場面でも何とかなりますね。

はっ!

都会派クロカンって・・・こういうシュチュエーション???
(よく考えたら、こっちは都会じゃなかった・・・・)

2006/07/21

それぞれに

Rimg3138

優しい場所に帰っていくのだろう

2006/07/20

食パン

Scan10209比較的近所に、パン屋さんがあります。
無添加のパンを作っているらしく、大人気(らしい)。

食パンを買おうと思ったら、1ヶ月から2ヶ月待ち。
予約制です。
価格は市販のものの倍ぐらいかな?

俄然興味がわいて購入しました。

美味しかったです。

もちもちとして。
これならまた買ってもいいかも・・・・Scan10208

トーストしてバターをのせたら、美味しそうでしょ。

2006/07/19

通勤にて

驚いた・・・・

Rimg3152  Rimg3166  Rimg3168  Rimg3169

お城の堀川があふれ、駅前は水浸し。

街の至る所で水があふれていた。

きっと大変なことになっている家も多いだろう。

だけど、子供は明るく、空は綺麗だった・・・・

Rimg3171   Rimg3164_1

東京

Rimg3137少し懐かしい場所。

東京。

幾度となく遊びに来たことがあります。

あのときの友人たちは元気だろうか?

時間があれば、駅の外に出たかったのだけれど・・・

2006/07/18

東北にて

新幹線を降りてビジネスホテルを目指して歩いていたら、店の開店準備をしているおじさんが声をかけてきた。

「美味しいですよ、宜しければいかがですか」

ビジネスホテルについて荷物を片付けて少し休憩する。
食事にしたいが、どうせ行く当てなんてあるわけもない。さっきのお店にはいると・・・

Rimg3122そこは、かなり田舎風の居酒屋。
いい感じのおじさんが、出迎えてくれた。
「あ、さっきの方ですね・・・」
憶えてくれていたらしい。

お勧めのお酒を聞いて頼むと、やや甘口だけど、飲みやすいお酒が持ってこられた。

注文を取りに来る。
美味しそうなものが多いが、なんと言っても旅疲れ。
そんなにたくさん入りそうもない。

Rimg3130 カウンターの席でしばらく思案する。
色々食べては見たいけれど、そこまで入る感じではない。

悩んでいると、突き出しの豆腐がやってきた。
何気なく食べるとかなりうまい。
自家製らしい。
酒をやるにはこれだけでも十分そうだけれど、そういうわけにはいかないだろう。

とりあえず、舞茸の天ぷらと山女の塩焼き。

日本酒との組み合わせは最高・・・
もう行くことはないだろうけれど、憶えておきたい店だった。

Rimg3126  Rimg3128_1 

僕たちは

Rimg3102こんなに近くですれ違ってしまった

もう逢うこともないのかもしれない

またどこかで気づかずにすれ違うのかもしれない

やっと、故郷に帰り着きました。
しばらくは旅の途中、特に電車でとったものをアップすると思います。
とりあえず、昼ご飯を食べに行かなきゃ・・・

2006/07/16

そろそろ

Scan10256 梅雨明け?

こんな優しい光景ともしばらくお別れかも。

講習会、空いた時間にカメラもって・・・とか思ってたけど、
そんな時間はないようです。

2006/07/14

霧の向こうに

Scan10254 何があったとしても、

今は進むしかないのだろう

2006/07/13

見事なまでに

Scan10260 赤い 紫陽花

赤い紫陽花、あまり見たことがありませんでした。
庭の紫陽花が見事な赤い色になったので、撮ってみました。

さて、メンテも終わったようですね。
仕事も終わり、これから夜行に乗り込んで岩手を目指します。

2006/07/11

始まりを

Scan10231_1感じさせるような朝

だけど、何の始まり?

2006/07/10

夕暮れ

Scan10251蒸し暑い夜が続きます。
寝苦しい日々です。

本当に、もう夏はすぐそこに来ているようですね。

2006/07/09

蒼い世界

Scan10250現像で仕上がった写真を見ると、こんな色だったっけ???
ということがよくあります。

そのときの撮影条件でなんでしょうけれど。

これは、露出計のついていないTaron35で撮ったので、感度分の16を基準にしています。そうすると、こんな色だったのかもしれません。

記憶なんて結構いい加減なんですね・・・

さて、その曖昧な記憶を持つ僕が、今度出張に出ます。
職場の人に誘われるがまま、行くことになったのです。
僕のイメージだと、関東よりちょっと東ぐらいの位置に行くのかと思っていたら、

東北

インパクトありますね。
切符を手配しようと時刻表を調べていたら発覚しました。
僕は東北に行くらしい・・・・今度の木曜日から・・・・

小学校の時、ちゃんと地名を憶えておくのだったとしばらく後悔していました。
まぁ、行くと言ったので、仕方ありません。

13日からしばらく旅に出ます。(^^;

カメラもFM10とCaplio GXを持って行きますので、時間があれば向こうからアップすることがあるかもしれません。

追記:さらにこの記事を書いた後、やっと日本地図を確認しました。
    岩手は、秋田の右でした。 もう笑うしかないぐらい遠いですね。
    東京のちょっと右側ぐらいだと信じていた頃が、もはや懐かしい・・・

2006/07/08

動機

Scan10177仕事をしていると、ついつい大切なことを忘れそうになったりします。

何をしてあげたいのかという動機。
目の前にいる患者さんを大切に思う気持ち。

その人は一人ではなくて、
誰かの子供であった人で、
誰かの親である人かもしれない。
誰かの夫か妻かもしれない。

たぶん、誰かの大切な人で、その人の過ごしてきた時間を大切にしている人がいるはず。

そんな人を預かっているという事実を忘れてはいけないのです。

人を大切だと感じる気持ちは、理屈ではないはず。
ついつい、技術や知識の方向に走っていきがちになるけど、コアとなる部分を忘れてはいけない。

理屈は、どの結論にもたどり着けるんですよね。
良くならない理由であっても、良くできる理由であっても、一見正当に論理を組み立てることができるんです。
だから、大切な人に何をしてあげたいのかという動機を大切にしないと・・・

一人一人大切にしていこう。

2006/07/07

誘われるように

Rimg3021_1 走ったことのある山道へ入っていきました。

ちょうど一年ぶりぐらいでしょうか?

以前は狭く感じた道が、この日は意外に広く感じました。

たぶん、今まで走った道の中にはここより酷いところがいくつもあったからでしょうね。

時折、落石が落ちているぐらいで、走りにくさを感じることはありません。

Rimg3022 しばらく進んでいると、突然倒木が・・・・

エスクードを降りて、通れるかどうか確認します。

右は崖ですが、何とか通れそう。

左のタイヤで倒木を少し踏むようにして慎重に通り抜けます。

意外に余裕で抜けることができました。

Rimg3023

たどり着いたところは、ちょっとした広場。

誰もいないこの場所は、静かに時を刻んでいるようです。

人里を離れて落ち着いた時間を過ごすことのできる、

数少ない場所です。

2006/07/06

Rimg3027 雨の日、少し写してきました。
たくさんあるので、ちょっと小さめでアップします。
クリックしていただけると少し大きくなります。

Rimg3015 Rimg3017_1 

雨の光景は、難しいですね。自分の目では、ある程度雨粒まで確認できるのですが、それをとることは僕の知識ではまだできなさそうです。
Rimg3032 Rimg3034_1 Rimg3040 Rimg3041

これは、Caplio GXです。
FM10も持って行ったのですが、これはまだ現像中です。

2006/07/05

大切なことを

Rimg0769 思い出したくなったから

ここに来てみた

2006/07/04

翼あるもの

Scan10198明日はどこへゆこう・・・・

雨は

いつまでもScan10244降り続いてくれないものですね。

もう少し、雨を楽しみたいのだけれど、曇ってばかりです。

2006/07/03

いつまでも

Scan10207静かに
照らし続けてみようと思った

2006/07/02

覆い尽くして

Scan10249

いる雲から
雨が降り続けています。

僕は、この季節が好きです。
だけど、もう少しで終わりなのでしょうね。

旅人

Rimg2978近くのショッピングセンターの駐車場にはいると、遠くのナンバープレートをつけたバイクが入ってきました。

そのライダーが降りてヘルメットをとると、いい加減年を重ねてきた人。
ずっと旅を続けてきたのでしょう、顔は日に焼けたのか垢なのかわからない黒さでした。
中に入っていくと、しばらくして、お肉、野菜、携帯コンロ用のガス、ビールを持って出てきました。

手慣れた仕草でバイクに収納していくと、再びバイクにまたがってどこかへ。

今夜は焼き肉ですか。

どんな旅をしてきたのか
どんな人生を歩んできたのか
なぜ、今、旅をしているのか

とても気になる旅人でした。

2006/07/01

3つの

Scan10241赤が、草原の中に ぽつりとあった

こんな所を見つけることも、山の中に入り込む楽しみの一つです。

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »