最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 夜店 | トップページ | 艶やか »

2006/08/22

目に見えていたとしても

Scan10335 たどり着けない場所があるのさ

« 夜店 | トップページ | 艶やか »

写真」カテゴリの記事

コメント

ここしばらく、くっきりとした虹を見たことがありません。なにかこう、発色が悪いというか、色が不足しているというか・・・
子供の頃に見ていたのと違うんですよ。
視力が劣ってきたのか、大気の環境が変わってきたのか・・・
そういえば欧米人が見ている虹は6色なんだそうですね。

日光に向かって霧を拭いて作る小さな虹
プールで孫に見せましたがわかってたかなぁ・・・
そういうトコに着目感動する子供になって欲しい
そう思いますね(^^♪

たどりつけない場所・・・納得です!
虹と言えば、高中正義(ギタリスト)の「虹伝説」と
数々のおとぎ話ですね。
僕の好きなのは、虹の出ているところに行くと、
スコップがあって、そのスコップで虹が出ている
ところを掘ると、虹を渡れる長靴があるというもの。
非現実的ではありますが、僕は好きです!

>嵐田雷蔵さん
視力の衰えもあるかも・・・人は疲れると築かないうちに視覚の分析能力が落ちるものです。疲れがたまると・・・
空気も悪いかもしれませんね。
欧米人が6色というのは初耳です。僕らはちゃんと7色見えているのか地震がありませんが、違うとすれば目の色の影響かもと思ったりしますね。

>偏遊人さん
そうですね。
世知辛い世の中です。
ふと立ち止まって、周りを見てみると自分のおかれている世界が意外に美しい事に気づいて欲しいですね。

>パパZさん
その長靴、欲しいですね。
虹の麓はどうなっているのか
虹の先はどうなっているのか
考えるだけでも楽しそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80586/11551768

この記事へのトラックバック一覧です: 目に見えていたとしても:

« 夜店 | トップページ | 艶やか »