最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006/09/30

しろく

Rimg3440やわらかに つつみこんだ

2006/09/29

流れに

Scan10341身をまかせて みようか

2006/09/28

もう、長いこと

Scanfilm0440_1私は ひとり遊び

2006/09/27

私の声が

Scan10371聞こえますか?

2006/09/26

星に誘われて

Rimg3435 Rimg3437 Rimg3400

バイクを止めてみたら 夜のにおいがした

2006/09/25

霧の季節

Rimg3424 この時期の通勤は、霧の中ということも多くなります。

まるでミルクを空気中にちりばめたような・・・

数メートル先はもう見えなくなるほどの濃い霧の時もあります。

この写真の時は、比較的薄いときですね。

霧の中を走っていると、そのまま何処かへいってしまいたくなることもしばしば・・・・

Rimg3416

2006/09/24

相変わらず

Scan10382僕は、空を眺めています

Taron35、露出がちょうどあったのか綺麗な空が撮れました。
いつも、少し古い感じの写真になっていたのは、やはり、アンダー気味になっていただけなのかも・・・

2006/09/23

緩やかに

Scanfilm0547

流れる時間の中で

何を感じているのだろう

Scanfilm0556_1 

2006/09/22

電車

Scan10248以前、ほたほたと歩いていたら、電車の音が聞こえてきたので、とりあえずカメラを構えてみたときの写真です。

通り過ぎる電車。

こちらの方では、一本乗り遅れると30分待ちとか・・・
朝の通勤時間を過ぎていると、乗り遅れたら2時間待ちとかもあったりします。

いなかだなぁ・・・

2006/09/21

時間が

Scanfilm0515ズット トマッタママ

2006/09/20

その扉が

Scanfilm0553開いたところを 

見たことがない

2006/09/19

ときおり、影は

Scanfilm0541事実より雄弁だ

2006/09/18

雨上がりにふと思った

Scan10343あがらない雨など無い

だけど、二度と降らないわけではない

繰り返し、繰り返し

雨の記憶は大地にしみていくのだ

台風一過

Rimg3408何とか過ぎ去っていただけた様子。
まだ風は少し強いみたいだけど、極端なモノではないみたい。

もっと西側だとどうなっただろうかと思うけれど・・・

とりあえず、こちらは大丈夫みたいです。

とりあえず、空は綺麗でした。

2006/09/17

台風の前

Scan10386午前中は、まだ少し青空が残っていました。

地上付近はたいしたことはない風ですが、上空はうなり声のような風の音が聞こえてきます。

今はもう雨。

今夜、遅くにここらあたりを通り過ぎる予定だったと思うけど・・・・

そろそろ、風が強くなってくるのかもしれません。

意外に

Rimg3388飛んだ・・・

AERO SOARER というトイラジコン。赤外線の送受信で室内専用。
40秒チャージで30秒飛行。

うーん、落ちても軽いから壊れないみたいだけど、落ちる前に素早くプロペラを止める習慣がないとすぐ壊しちゃうかも。

とりあえず、面白かった・・・・

公式サイトにはデモの動画もあるけど、ここまで飛ばそうと思ったらちょっと練習が必要だろうなぁ・・・。

まぁ、3000円まででこれだけ飛べば満足。

あ、だけど、空モノラジコン経験者が側にいないとちょっと厳しいかも。
少しでも経験があるか、やたら広い部屋があるならすぐにとばせるようになるかな・・・タブン

Rollei 35

Rimg3393 Rimg3397_1 Rimg3395_1

職場のカメラ好きが カメラを購入したと嬉しそうに持ってきたカメラが、これ。

小さなボディにめいっぱい精密なメカが入っている。

持ってみると、小さいのにずしりと手の中で存在を主張している。

所有すると嬉しくなるだろうね。これは・・・

2006/09/16

過ぎ去った夏の記憶は

Scan10383いつも、砂と風の香りがする

2006/09/15

今の空は

月明かりと星が綺麗です

いつもうまくい撮れない星空、

カメラを持って出かけたいところだけど、

ただいま仕事中・・・・

2006/09/14

秋なのに

Scan10361天気が悪い日が続いてR1-Zに乗ることができません。

いかんせん古い単車ですから、定期的に乗っていないと動かなくなるのではないかと不安があったりします。

今週末も雨。

雨は嫌いではないのですが、バイクに乗れないのは辛い・・・

2006/09/13

チェーンリアクション

食事動作に関する思いつきです。

食事の動作って、何らかの理由、お腹すいたとか何か食べなきゃといった動機付けがあって、食べ物が目の前に出されてから起こる一連の動きの連結ですよね。

目で食べ物を見てから、上肢と上部体幹・頭部の要素的な運動のパターンが引き起こされ、それに伴って次の動作が誘発されていく。それが次々と繰り返されて飲み込むに至る。それをさらに何度も繰り返していく。かなり自動化された動作、運動の繰り返しになるわけです。

このとき、脳の障害でボディーイメージが崩れていると、自己の空間的な位置関係を直感的に理解できないわけですから、運動のつながりが途切れちゃうわけですよね。
例えば、食べ物をスプーンに入れる動作の中で、このくらいと思って手を伸ばしたら目測がうまくとれずに調整が必要になる。すると、「あれ?どうすれば良かったんだっけ?」と動きが滞るわけです。あるいは、口に入れようとしたら思いの外奥までスプーンが入ってしまったりして「えーっと、どうすれば・・・」みたいに。

すると食事動作の本来かなり自動的な運動要素一つ一つに随意的な思考が必要となったりする。
咀嚼や食塊形成、送り込みなど口の中の動きも一つ一つ。

そうすると、熟練されたはずの動きは外から見たら非常に稚拙なものになっていくはずです。

それがいわゆる口腔顔面失行とか失認とかいわれているものや誤嚥の原因の一つであるような気がします。

ある動作から次の動作が誘発されない理由が何処にあるのかを評価していくと、意外に治療上の突破口が見えてくるのかもしれません。

ついでに、失行とか失認とか高次機能障害といわれているものっていうのは、脳の損傷によって一定の動作がしにくくなったときに、また、運動や動作を学習できれば脳の機能として改善していくわけですが、学習しようとしても学習できないから失行とか失認とかいう障害名がついてしまうわけです。
高次脳機能障害全般を否定するわけではありませんが、ある動作の学習を円滑に進めるためには、きちんとしたボディーイメージをつくり、そこから運動の感覚を入れていくことは必須です。

高次脳機能障害にとらわれすぎると、なぜ学習できにくいのかといった基礎的な身体状況が置き去りになりがちであるように思います。その点について注意が必要だと思います。

あー、今度、職能団体の中で勤めている職場の人が発表することになったので、思いつきを忘れないうちに・・・

空は一つだけれど、

Scan10354 Scan10345 Scan10357

見ている人の数だけの空

Scan10359_2 

2006/09/12

みのり

Scan10360

そろそろ・・・

2006/09/11

Scan10374蝶だけにピントを合わせて他をぼかすようにすると、すぐにピントの範囲から蝶が逃げてしまいます。

蝶との追いかけっこですね。

ピントをファインダー越しに確認しながらそーっと焦点距離を近づけて蝶に近づいていく・・・

そんな作業に夢中になっているうちに、それでも、少しピントが合っている・・・というか、ピンぼけの中にも対象が見えているものが撮れてきました。

たぶん偶然だけど(^^;

また、歩き出そうと思えるようになるまで

Scan10376ゆっくりとすわっていてもいいよ

2006/09/10

だから

Scan10349_2 

今日という日は

君の幸せを願っていることにしよう

2006/09/09

君がそこにいたことを

Scan10369確かに憶えている

もう、ふれることも

声をかけることも

できはしないのだろうけれど

2006/09/08

野に咲く花と

Scan10351わずかではあったけど

共に時間を過ごしたときに

やすらぎを思い出した

2006/09/07

道ばたに咲く花は

Scan10352_1 寂しくても

一生懸命であり続けることの

大切さを教えてくれた

2006/09/06

船を出すのなら

Scan10356九月

誰も皆 海を見飽きた頃の九月

words  Miyuki Nakazima

2006/09/05

この道の先に待つモノが

Scan10350幻だったとするならば

あなたはこの道を進むのだろうか?

2006/09/04

ふぅ・・・

Scan10347疲れた?

2006/09/03

葡萄は

Scan10344ひとつひとつ

想いを込めて

願いを込めて

2006/09/02

MESSAGE IN A BOTTLE

Scan10307_1A year has passed since I wrote my note
But I should have known this right from the start
Only hope can keep me together
Love can mend your life
But love can break your heart

I'll send an SOS to the world
I'll send an SOS to the world
I hope that someone gets my
Message in a bottle

music "ThePolice"

2006/09/01

この道は

Scan10262僕を何処に連れて行くというのだろう?

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »