最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006/10/31

どんな

Scan10407

気流がこんな雲をつくるんだろう?

2006/10/30

少しずつ

Scan10418 色づいてきたみたいだね

2006/10/29

ここが

Scan10431僕の好きな道

とっても綺麗な所だよ

 Scan10420       Scan10427  

 Scan10430      Scan10428

2006/10/28

静けさの中に

Scan10413

沈み込んでみる

2006/10/27

秘密

Scan10419_1 

人生には秘密も大切なのさ

2006/10/26

道に落ちていた

Scan10421影が教えてくれる

季節の移り変わり

Scan10422秋ですねぇ。

夜の庭は大賑わいです。

2006/10/25

時々、空に

Scanfilm0563吸い込まれてしまいそうな気がする

2006/10/24

Cracked Actor

Scanfilm0567

Cracked baby,cracked.

Show me your real.

あなたは今でも

Scan10417

力強く 咲いているのだろうか

2006/10/23

人の気配が

Scan10414ほとんど無いお寺に行ったときのものです。
本当に人の気配がないのですが、庭は綺麗に管理されているので、いないというわけではないのでしょう。

ひたすらに静かな場所です。

2006/10/22

お疲れさま

Scan10401今日は、ちょっと勉強をしにいきました。

大脳基底核、歩行・嚥下・睡眠、神経伝達物質・・・・
久しぶりに脳の神経細胞を総動員しながら話を聞いた気分。

ちょっと、疲れたときには、甘いもの。(^^;
何となく写真を見ていたら、この写真が目にとまりました。

いつかの朝食。

これを食べたときにも疲れていたのかもね。

星空が

とても綺麗な夜。

降ってくるような星空が窓から見えています。

今日はオリオン座流星群が見えるらしい・・・

残念ながら、体調がまだ戻らないままなので、外に出るのは控えておくことにしよう・・・

本当に残念。

2006/10/21

何十年ぶり

Rimg3089_1 今、脳梗塞を初めて起こしたのが20年以上前という患者さんを担当している。

腰が曲がって、車いすに丸くなるように座ることしかできない人。今回、小さな梗塞ができて、ベッドから車いすへ乗り移ることもできなくなったので、入院された。

丁寧に脊柱に動きを入れて、少しずつ体を広げていく。少しずつ、座っている姿勢がまっすぐになっていく。

できるかな?
と思って、前に机を置いて立ち上がってみてもらうと、少しだけ自分の足で体重を支えることができる。

「少したてますね。」

顔をほころばせて懸命にうなずき返事をする人。

時間が終わってから、どのぐらいぶりにたったかを訪ねると、「何十年ぶり」と答えられる。そんなはずはないだろう。まだ初発から20年程度なのだから。
だけど、少しずつ立てなくなって衰えていくからだと共に過ごしてきたのだろうと思う。
こんな風に再発を起こして病院にはいるしか、機能的に回復を目指すことなど無かったのだろう。

立ち上がる。

わずかなことだけど、それを素直に喜んでもらえたことを大切にしよう。

その喜びを少しでも分かち合うことのできる人たちが多くなる事を祈ろう。

2006/10/20

訪れて

Scan10410過ぎ去る

2006/10/19

一日の終わりに

Scan10303_1 何を想うのか

2006/10/18

木漏れ日の階段

Scan10411風の音、

木々のざわめき、

時折、カサッと音を立てて枯れ葉が落ちてくる。

石でできている階段は、乾いた足音を小さく響かせていた。

2006/10/17

晴れ 時々

Scan10405笑顔

2006/10/15

日が昇る前は

Scan10398_1蒼い空

2006/10/14

月3000円にて

僕がScanfilm0555存在することを許されている場所

2006/10/13

窓を開けると

Scanfilm0432冷たい空気がそっと流れ込み、

虫の声が聞こえてくる夜

寒気が・・・・
久しぶりに風邪を引いたようす・・・・(^^;

2006/10/12

この子が

Scan10402僕に秋の訪れを伝えてくれたから

僕も君に秋を伝えよう

2006/10/11

おいしいよ

Scan10399いかが?

2006/10/10

Scan10403この時期は、道路に見える花が綺麗ですね。

道を走ると至る所に、色とりどりのコスモスが咲いています。

2006/10/09

疑心暗鬼

ついにあの国が核実験を行った。

改めて、得ることのできる情報の不安定さを感じる。

影響がどの程度までのものなのか。
日本の核保有、日本の軍事化、果てには、その国をあらかじめ潰しておけばよいという極論まで考えてしまいそうになる自分に驚愕する。

それでは、自分自身が嫌っている某国と同じではないか。
しかし世論がそちらに傾いても仕方がない状況が迫りつつあるのかもしれない。

アジアは・・・・
どうなるのだろう?

日本の核保有とそれによるアジアのバランスの崩れ。
妄想に終わってくれればよいのだけれど。

ふんわりと

Scan10387

優しい空の色

2006/10/08

もし背中に羽根があったのなら

Scan10395飛んでいたい所がある

2006/10/07

秋の雨は

Scanfilm0551粒が細かくて、
舞うように降りそそいでいたんだ

2006/10/06

拒絶

Scan10390ある日、テレビを見ていたらふと目に飛び込んできた絵。

石田徹也という画家の絵だった。

彼の描く絵はどれも奇妙に見えるものばかりかもしれないけど、彼の描く人物の目がすごく気になって、遺作集を手に入れた。

彼の描く人の目は、何かを拒絶し諦めているかのように見えた。

現実も
過去も
未来も
悲しみも
苦しみも
楽しさも
悲しさも
理解することも
理解されることも

そして、全てを拒絶している自分自身さえも

拒絶しているかのような目。

もし拒絶していることさえ拒絶するのであれば、全て受け入れるしかないのかもしれない。

この絵を描く人がどんな人であったのか、強烈な興味をもった。

だけど、彼はもういない。

2006/10/05

Scan10392_2

穏やかに 過ごしたいという願い

2006/10/04

ひとつひとつの

Scan10393つながりが 力を伝えていく

2006/10/03

ごらん 

Scan10394あれが 

オリオン座だよ・・・

人は皆

Scan10366

誰にも言えない 顔を持っている

2006/10/02

鬼の住む街

Scan10365何が見える?

2006/10/01

最近

Oideyo忙しいさなかに何となく手に取ってしまったゲーム(^^;

「おいでよ どうぶつの森」に結構はまっていたりします。

好きなときに始められて適当に終わることができるのが楽ちん。
何か解らない植物に水をやったり、釣りをしたり、虫を捕まえたり、土を掘り返したり、他のキャラと話を時々しながらゆったりと遊べたりして。

ただ、これ、現実の時間とあわせて動くんですね。

だから、ほとんど僕がその森に行くのは深夜。

他のキャラクターが寝静まったところでひっそりとひとりで昆虫採集や釣りをしています。(^^;

時間を変更すればいいのですが、それでは少し味気ないしね。

あぁ・・・

Scanfilm0542山の中に いきたくなるなぁ・・・

などと考えている今日この頃・・・

またなにやらすることがたくさん出てきて忙しく。

行うべき事というのは、一つが終わっても一つが生まれる仕組みになっているらしい・・・

まぁ、何もすることがなくなればそれはそれで寂しいのかもしれないけれど。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »