最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 訪れて | トップページ | 星空が »

2006/10/21

何十年ぶり

Rimg3089_1 今、脳梗塞を初めて起こしたのが20年以上前という患者さんを担当している。

腰が曲がって、車いすに丸くなるように座ることしかできない人。今回、小さな梗塞ができて、ベッドから車いすへ乗り移ることもできなくなったので、入院された。

丁寧に脊柱に動きを入れて、少しずつ体を広げていく。少しずつ、座っている姿勢がまっすぐになっていく。

できるかな?
と思って、前に机を置いて立ち上がってみてもらうと、少しだけ自分の足で体重を支えることができる。

「少したてますね。」

顔をほころばせて懸命にうなずき返事をする人。

時間が終わってから、どのぐらいぶりにたったかを訪ねると、「何十年ぶり」と答えられる。そんなはずはないだろう。まだ初発から20年程度なのだから。
だけど、少しずつ立てなくなって衰えていくからだと共に過ごしてきたのだろうと思う。
こんな風に再発を起こして病院にはいるしか、機能的に回復を目指すことなど無かったのだろう。

立ち上がる。

わずかなことだけど、それを素直に喜んでもらえたことを大切にしよう。

その喜びを少しでも分かち合うことのできる人たちが多くなる事を祈ろう。

« 訪れて | トップページ | 星空が »

仕事」カテゴリの記事

コメント

「立ち上がる」
…という動作。
その動作を、
苦労せずに出来ている、
今の自分に、
感謝しました。

>飯村和彦さん
動けるっていうことは、本当に大切です。
人は、動くこと自体にも意味があるのだと思うのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何十年ぶり:

» 脳機能の活性化には [心と体の健康食品【ブルーグリーンホーリーサン】]
体の健康について話をする時、脳に関する話はあまりされないですよね?違いますか? でも、脳は体の健康にとっても、重要な働きをしていることが分かってきているのです。 だからこそ、脳はこれほど発達してきているのだと思いますよ。 実は、 ... [続きを読む]

« 訪れて | トップページ | 星空が »