最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 僕は | トップページ | 色とりどりの »

2006/11/04

その傷は

Scan10438決して元に戻ることはないよ。
隠しても無駄。

君が朽ち果てるまで、
持って行くのだ。

« 僕は | トップページ | 色とりどりの »

New FM2」カテゴリの記事

コメント

私にそっと近づきそっと抱きつき彼が言った
「お母さん、好きだから・・・ ・・・」

抱きしめ返しながら私の心が少し泣いた

私のときとして理不尽な叱責にも
無垢な澄んだ瞳で真っ直ぐに彼は私を見ていた

>chikageさん
人に無条件に信頼されるとき、自分の弱さを感じますよね。
信頼に応えられる人ではないと解っています。
信頼に応えることのできるように行動を選択していくしかないのでしょう。
まっすぐな瞳には、できるだけ瞳をそらさないようにできたらいいですねぇ。
そんな大人に・・・・
なれはしないか・・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80586/12552817

この記事へのトラックバック一覧です: その傷は:

« 僕は | トップページ | 色とりどりの »