最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« どんな | トップページ | 澄んだ空気が »

2006/11/01

自宅にて

Scanfilm0568周りの人は、きっと、

「なにやってんだろ・・・あの人」

などと思ってるのだろうなぁ。

面白がってるだけです。(^^;

« どんな | トップページ | 澄んだ空気が »

コメント

このコメントを書きおえたら
父の遺品の魚眼レンズを
久しぶりに取り出して見るわ

父のカメラは・・・
まるでプロカメラマンになったかのような
錯覚をシャッターきるサウンドがくれる
大好き

>chikageさん
シャッターの音がくれるカメラマンになったかのような錯覚も好きです。(^^;
フィルムのないカメラのシャッターを押すのはほどよく気が紛れます。

魚眼レンズももっておられたのですね。カメラが好きな方だったのでしょう。大切にしてください。きっとカメラやレンズの保管もしっかりしてるとは思いますが、湿気対策には気を付けてくださいね。

カメラの好きな人でした。
私が行楽のお供にしようと何気なく
「貸してもらえないかしら?」と言ったとき
「そのフィルター○円もするんだから気をつけてよ」
と言われ、怖くて借りるのをやめた~(笑)
亡き後、大きなストロボを使いこなそうと試みたとき、
中に入っていた電池から液体が漏れていて
使い物にならなくなっていた。
心の中で呟きました。
「父さん、ごめん」

そうでしたか・・・
湿気対策、気をくばります。
今更だけれど、今更なんて思わないわ、ええ。

>chikageさん
きっと、少し大きなカメラやさんに言ったら、手頃な防湿用の大きなタッパのような入れ物が目につくと思います。
とりあえずならお値段もはりませんよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自宅にて:

« どんな | トップページ | 澄んだ空気が »