最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 最後の名前 | トップページ | 頼りない月が »

2006/11/12

冬を待つ季節

Scan10436

« 最後の名前 | トップページ | 頼りない月が »

New FM2」カテゴリの記事

コメント

小学生の頃、文化祭の作品とか演劇の練習なんかで遅くなって
1人刈り入れ終わった田んぼを横切りながら下校すると寒さと共にこの空…
山の方から棟方志功先生作の鬼が追いかけてさらわれそうで怖いなぁと(笑
なので田んぼを斜め切ってひたすら走って帰った覚えがありますね。

この鈍色の晩秋~から冬の空は、太平洋側育ちの転勤族の方にとって
「ものすごくどんよりと気分が滅入るものですねぇ・・・」とため息
昨日来られた転勤族の方にちょっと言われ…あぁ~(^^ゞ汗

>偏遊人さん
転勤族の人は、きっと、空に関係なくどんよりした気分だったのではないかと思うのですが・・・・
色々あっての転勤だったのかもしれませんね。
まぁ、こんな空の時があるから、美しい空がさらに美しく感じることもできるということもありますし・・・

結局僕はこんな空も結構好きなので、少し空をかばってみました。(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80586/12652133

この記事へのトラックバック一覧です: 冬を待つ季節:

« 最後の名前 | トップページ | 頼りない月が »