最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 重き荷を負いて | トップページ | 下町 »

2007/01/14

背中を見たら

Rimg0918

晴れている時ばかりではないのだと

改めて気づく

« 重き荷を負いて | トップページ | 下町 »

GR DIGITAL」カテゴリの記事

コメント

背面もそうですがメチャクチャ電線の数が多い!数もそうだけど
激しい交錯の仕方になってますよねぇ…こんがらがってるみたいです
地域変われば何とやら 街中のせいなのか こういう配置なのか^^;
あたりまえに電気って来てるようでもこういう風になってきてるんですね
だから大停電なんかではみんな大パニックになるんだなぁと改めて思います。

>偏遊人さん
電線多いですよね。
すむ人も多いのですから、仕方がないのかもしれないですが。
下町になるともっと激しく交差してます。
なんか怖い感じですね。

巡らされている電線に阻まれて
私の実力が出せずに
追ってくる敵から
テールトゥノーズで辛うじて逃げている

敵は瞬発力と制動小回りに長けている
私は持久力と瞬時の高速飛行
電線に阻まれていては時間の問題で捕まるやも・・・

どこだ どこだ 何処だ
私が飛び抜けられる電線の狭間は
敵から逃げるよりも
電線の狭間を探している私

幾度も同じ夢を見るの、昔から
空飛ぶ夢
いつも苦しみながらの飛行
不思議だわ・・・

で、飛ぶ方法がちょっとね・・・
何故か??空間を平泳ぎなのよねー
いつも、だいたいそうなのよねー
平泳ぎで高速飛行・・・信じていただけるものか否か(笑)

>chikageさん
平泳ぎは空気に乗りやすいのかも・・・・
カリオストロの城で、ルパンが城から落ちていくのを助けるシーン型しか平泳ぎで空気を掻いていたと記憶しています。

さて、飛ぶ夢、僕も時折見ますよ。
僕は空中に放り出されて、基本的には落ちていくのだけれど、時折上昇気流に乗ったり、大きく息を吸い込んだりすると少しの間上昇するといったような具合。地面に落ちたくなく、一生懸命上昇しようと努力しているのだけれど、少しでも怖いと思ってしまったら後は落ちていくだけ。飛ぶ方法は何となくいつも分かっているのだけれど、高所恐怖のある僕は飛んでいたいという気持ちと裏腹にいつも恐怖を感じてしまい、地面に降りてしまうのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 背中を見たら:

« 重き荷を負いて | トップページ | 下町 »