最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007/03/31

GR Digital ファームアップ

Rimg4421

GR DIGITAL ファームアップがありました。

新しい機能は、モノクロに画質の調整ができるようになったことと、セピアが選択できるようになったこと。
共にたいしたことはないのかもしれないですけれど。
Caplio GX100 も発表になって、GR Digitalの存在が・・・と思う頃にファームアップ。ユーザーの気持ちを考えてくれているようで少し嬉しいですね。

2007/03/30

そっちは

Rimg4372a

桜はもう咲いてる?

春雷に

Rimg4295目が覚めた・・・

弾けるような炸裂音

時折、まばゆい光

空から聞こえる地鳴りのような音

近づいたり 遠ざかったり

台風のような風

たたきつける雨の音

何故か、ワクワクしている 自分がいる

2007/03/28

暖かな

Rimg4379

風と光をあびて

昔は桜って卒業(別れ)のイメージでした。
だけど、咲く時期は4月。どちらかというと出会いの時期ですよね。

そっと色づく

Rimg4356

GR Digital

修理に出していました。
症状は、どうやら絞り羽根が動いていなかったようで、光学ユニットの交換です。

GR Digitalでは少しマイナーな故障かな?

以前Canonを使っていたときはこんなに修理に出すことはなかった記憶がありますがRICOH、少し故障が多いのでしょうかねぇ。

それでもあまりいやにならずに使っているのは、何となく気に入っているからなのでしょう。

2007/03/26

ガーデニング

Scan10527

っていうほどでは無いけれど。
ベランダに緑を置いてみました。

もう、春ですねぇ。

2007/03/24

桜咲く季節は

Scan10519

あなたのところにも 訪れているだろうか?

Scan10520  Scan10521

桜の季節まで

Scan10513

あと少し

あ、そういえば映画「デスノート」の後編に出てくるシーンで、女性キャスターがノートをもってくるまで暴走するところがあります。交差点でその車に当たりそうになって他の車がスピンするシーンがあるのですが・・・。
ちらっとしかでないので確信はないのだけれど、あれって、エスクードのような気がします。

2007/03/23

全てが

Scan10517

美しいわけではないのさ

2007/03/21

もうさすがに

雪は降らないだろうと思っていたら、昨日の朝はちょっとだけ降りました。

エスクードのスタッドレス、某オークションで2万円にて手に入れた中古のホイール付きのやつ。
元々、1シーズン持てばもうけものと思って買ったものだけど、これで3シーズン乗り切ったことになります。
もう、スタッドレスの役割を果たしていないものと思われるのですが何となく・・・

来年はちゃんとタイヤを買わないとね。

Rimg4336

2007/03/20

sora

Scan10516

kumo

riku

umi

hikari

2007/03/19

今、必要としているのは

Scan10512

「時間」

2007/03/18

春の訪れ

Scan10511

庭の木苺が力強い緑色になってきてます。

暖かな日々もあと少しでやったくるよう。

今日は、彼岸だったっけ?

2007/03/15

穏やかな

Scan10510_1 

気持ちになったのは・・・

2007/03/13

こんな空は

Rimg4296

いかが?

2007/03/11

東風ふけば

Scan10508

想いだしてくれるだろうか?

2007/03/10

夜の街にて

Rimg4285

昨日は、同僚が講習会の話を聞きたいというので、ちょっとのみに・・・・

飲んでる最中に、話を後輩に聞かせたいとか行って電話で呼ぶから、ちょっと多めにお金を払うことになったりして。(ほら、先輩だし・・・)

あー、お金をたくさん使ったと思いながら駅に向かって歩いている最中に町中で「先生、お疲れさまです」と声をかけられ誰かと思えば、同じ病院のお医者さん。

「これから2次会に行くんですけど、一緒に行きましょう」とキャッチされて・・・(キャッチされに行ったかも???)

帰りはタクシー

めにーめにーまねーを失った夜でした。

2007/03/08

三寒四温

Rimg4279

暖かいと思っていた今年の冬。
ここ数日、寒い日が続いています。

今朝は雪が降っています。
今年は一番寒い時期を大阪で過ごしたので、雪を見ずに冬を越すのかと思っていたけれど。
何とか、雪を見ることができました。

三寒四温、7日間で繰り返される春へ向かう気候の繰り返し。

2007/03/07

大切なことは

Rimg4275_2 結局技術ではなかったのかもしれないと、思い始めています。

治療技術ありきでは、個々の患者さんに対応できないこと。
個々の患者さんのために知識を動員しながら、既存の技術を変化させたり、新しい方法を模索して個人の状況に合わせたことができることが本当に大切なことで、技術論に走るとみずからがステレオタイプに陥ってしまうということを実感し始めました。

たぶん、講習会で指導者が伝えたかったことはこういう事も含めての知識や基本的な技術だったりするのだろうと。

講習会でもらってきた膨大な資料を整理しようとして、ふとそんなことを考えました。

2007/03/06

破れたハートを

Scan10506

売り物にして・・・・

甲斐バンド、好きだったなぁ。

2007/03/04

出迎えてくれたのは

Rimg4271

水と土と

光と風の香りだった。

2007/03/02

講習会終了

Rimg1087

8週間の講習会が終わりました。

果たして8週間の価値があったのかどうか。それを確認するのは帰ってからの臨床です。

人の動きと、運動と認知の機能。情動の動きや日常的な生活。家庭や社会の中での役割や人との関係。いろいろなことが関連して人は生きているのだと言うことを何となく実感しました。

帰ってからしなければならないことにいろいろ気づき、それが実現できるのかと不安になったり。

だけど、それでも全ての関わる障害を持たれた方やその家族がよりよい方向に向かうことができるように、援助としては今までとはちょっと違ったことができそうな気がしています。

まだ、それは、ちょっとですけどね。

たぶん。

ヨル

Rimg1061

Rimg1080  Rimg1082_1

Rimg1084   Rimg1085

もう

Rimg1053_1

花の咲く季節だね

2007/03/01

通勤路

Rimg0992

この道とも、もう少しで「さよなら」

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »