最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 準備 | トップページ | はなび »

2007/08/14

つながっていく

Scan10082

生命

久しぶりにTARON35を持ち出しました。

フィルムのカウンターっていうのか、枚数を数えるところが壊れてしまって、少々使い勝手が悪くなったものの、あいかわらずこのカメラは何となく好きです。

露出計もついていないので、感度分の16を基本に撮っていますが、へたに露出計に左右されるよりこっちの方が何となく面白いですね。
ネガフィルムだし。多少のことは・・・(^^;

« 準備 | トップページ | はなび »

Taron 35」カテゴリの記事

コメント

だいぶフィルムカメラが駆逐されていますよね
使い勝手考えたら確かにデジタルカメラ・・・まぁ仕方ないですよね
ゴミもかなり出なくはなるでしょうし薬剤も使わなくていいと
でもプリント画質の差は圧倒的に違うのになぁとも思います
レコード~CD・・・あの時に似ていますが、DJ諸氏は未だLP&プレーヤー
上手く共存できるといいのになとも思います。

>偏遊人さん
そうですよね。
デジカメは確かに便利なんです。ISOもすぐに変えられるし、ピントも素早く合わせる。ファインダーをのぞか無くても良いし撮れたものをその場で確認できる。
スナップを撮るときにこれほど便利なものはないですよね。
だけど、写真を撮るときの心の構えや、フィルムを購入しカメラに入れるときからどういうモノを撮るのかを想像していたり、ファインダーの中で構図を考えてみたり、現像までの時間、きちんと撮れているかどうかを考えてみたり。そんな、形にならないところが失われてしまっていると思うのです。
そして、その部分を結構大切に思う人たちにとっては、まだ、フィルムカメラが大事だと思うのですが・・・
便利さの影になって消えていくものをそのまま失っていくのは寂しいですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つながっていく:

« 準備 | トップページ | はなび »