最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007/09/30

夜の空気は

R0012106bl

もう冷たい

2007/09/29

How long

R0012114

how long has this been going on,

2007/09/28

彼岸花

R0012110

暑さ寒さも彼岸までとはいうものの、まだ暑い日が続いたりもするようです。

こちらは虫の声と共に涼しくなってきているものの、日中は暑さが際だつ日もあります。

都会は、アスファルトの焼けた暑さがまだ続いているのでしょうか。

朝に虫の声を聞きながら涼しい空気を部屋に入れ、ふと、都会の空気のことを思い出したりしています。

2007/09/27

fly me to the moon

R0012102

月といえば、月そのものも好きではありますが、

水面に映る月の光を見ているのも結構好きです。

2007/09/26

夢で会いましょう

Scan10112

おやすみなさい

2007/09/24

適切な場所

R0012078

ある指向性をもった車を、その能力が適切に発揮することができる場所に持ち込む喜びというのは、きっとあるのだと思います。

2007/09/23

朝を美しいと感じるのは

R0012061

闇の空間から光のあふれる空間へと大きく変化する時間だからだと思うのです

2007/09/22

帰路

R0012022

それでも話の合う人間と酒を飲んでみたのさ

2007/09/21

忘れ去られていたとしても

R0011229

結局、ここにいる

2007/09/20

元気ですか

R0012043

日中の暖かさと夜の肌寒さが

体調を崩しやすい時期です

2007/09/18

語りえぬものには、

R0011462_2

沈黙しなければならない

2007/09/17

秋の夜長に考えた。

R0011314

首相の退陣などがあって、厚生労働省や社会保険庁の問題はみんな忘れてしまったかのように報道されなくなりましたね。

目を向けては困る場所から、視線をそらす意味であれば総理の退陣は大きな政治的意味があったのかもしれません。

さて、社会保険庁はそれぞれの地方に社会保険事務局をおいています。

これは年金の話だけではなくて、医療保険も監視する組織でもあります。

僕の感覚では。病院などで医療保険が適正に使用されているのかどうかという監査を行っているのだと思っております。

ところが、監査に来られるととんでもないイチャモンをつけたりされるのですね。

例えば・・・

僕らは、患者さんをみた時間を普通、例えば、9:00から9:40の40分間患者さんをこのようにみましたとカルテに記載するわけです。

これがお気に召さなかった様子で、こんなにきりの良い時間に開始して終わることができるのはおかしいなどとモウされる。

彼らが言うには9:01~9:45までの44分間実施

という方がリアリティがあるということらしい。

僕はその話を聞いたとき、「小学生の喧嘩か何かですか?」と思ってしまいましたよ。

ほら、小学生がよくいうでしょ。「何時何分何秒にやった!!」なんて・・・
小学生くらいだと、行った行為の時間が正確にいえないと 、行ったといっている行為自体の真偽が問われてしまうような感覚なのでしょうが、大人になるにしたがって、そういった細かな時間に大きな意味がないことに気づくのでしょうけれど。

こんな話はたいしたこと無いことですけれどね。

まだひどい話をたくさん聞いたことがあります。

だけど、
こんな小学生的突っ込みしか入れることのできないような大人が、社会保険に関わるお金の運用が適切に行えているのかどうかを判断しているということが、非常に危険な気がしませんか?

そういうことを言い返すと子供と一緒でムキになって何度も仕返しに来られるようなので、監査に対応している人は、心の中では思っていても、表面上は頭を下げているわけですけれどね。

金と権力に対して頭を下げているのに、自分が偉いと勘違いしてしまっているのでしょうかね?

2007/09/16

朝の空気に誘われて

R0012041

みた空

2007/09/15

いつまでも

Scan10098

子供ではないのだから・・・

2007/09/13

ちらほらと

Scan10099

もうこんな風景に出会う時期が来ているのだよ

2007/09/12

あ、なんとなく

R0010463a

トンカツ食べたい・・・

などと朝っぱらから思ってしまった・・・

2007/09/11

なんだかわからないけど、

Scan10108

とりあえず、がんばれ

2007/09/10

なにも

あげるものはないけれど

Scan10107  Scan10104

Scan10103 Scan10106

Scan10105 Scan10101

秋桜でもみていくかい?

Scan10102

2007/09/09

久しぶりに

R0012005

やわらかな表情の空

GR DIGITAL、レンズが飛び出たまま戻らない病にかかってしまい、修理に出していました。
このカメラを購入してから故障は2度目です。
今回は、レンズが出たり入ったりするときに少し「ゴリゴリ」と音がするようになり、怪しいなとは思っていました。
時折、レンズが戻らなくなることもありましたが、電源を切ったり入れたりするうちに治っていたのですが、毎回レンズが出るときに引っかかってエラーが出るようになってくるとなかなかレンズが引っ込まなくもなってきたのでさっさと修理に出すことに。

1週間ぐらいで帰ってきましたが、快適ですね。レンズの動きがかなりスムーズです。

結構気に入っているので、もう少し壊れにくいと良いのですけれど・・・

2007/09/08

ザワザワ

R0011549

ザワワ ザワワ ・・・

2007/09/06

Scan10095

光だけではなく 影だけでもない

2007/09/05

遠い昔の出来事のような

R0011457 

記憶

2007/09/04

もう君はそんなに若くはないのだ

Scan10084

サイドの残ったタイアが、そういって語りかけてくるようだ。

2007/09/03

静かに

Scan10078

だけど確実に

季節は過ぎ去ろうとしているようだ

2007/09/02

SISTER KAYA

とある雑貨屋さんに入ったら心地よい日本語のレゲエが流れていました。

それが、SISTER KAYA という人が歌っているのだとわかり、

「たからもの」というアルバムを購入して聞いてみたところ、やっぱり心地よい!

島唄とか涙そうそうも良い感じのレゲエになってました。

これから少しずつアルバムを集めてみようと思っているところです。

ちょっとはまる予感・・・(^^)

2007/09/01

そっと忍び寄るような

R0011551

秋の気配

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »