最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 朝の空気に誘われて | トップページ | 語りえぬものには、 »

2007/09/17

秋の夜長に考えた。

R0011314

首相の退陣などがあって、厚生労働省や社会保険庁の問題はみんな忘れてしまったかのように報道されなくなりましたね。

目を向けては困る場所から、視線をそらす意味であれば総理の退陣は大きな政治的意味があったのかもしれません。

さて、社会保険庁はそれぞれの地方に社会保険事務局をおいています。

これは年金の話だけではなくて、医療保険も監視する組織でもあります。

僕の感覚では。病院などで医療保険が適正に使用されているのかどうかという監査を行っているのだと思っております。

ところが、監査に来られるととんでもないイチャモンをつけたりされるのですね。

例えば・・・

僕らは、患者さんをみた時間を普通、例えば、9:00から9:40の40分間患者さんをこのようにみましたとカルテに記載するわけです。

これがお気に召さなかった様子で、こんなにきりの良い時間に開始して終わることができるのはおかしいなどとモウされる。

彼らが言うには9:01~9:45までの44分間実施

という方がリアリティがあるということらしい。

僕はその話を聞いたとき、「小学生の喧嘩か何かですか?」と思ってしまいましたよ。

ほら、小学生がよくいうでしょ。「何時何分何秒にやった!!」なんて・・・
小学生くらいだと、行った行為の時間が正確にいえないと 、行ったといっている行為自体の真偽が問われてしまうような感覚なのでしょうが、大人になるにしたがって、そういった細かな時間に大きな意味がないことに気づくのでしょうけれど。

こんな話はたいしたこと無いことですけれどね。

まだひどい話をたくさん聞いたことがあります。

だけど、
こんな小学生的突っ込みしか入れることのできないような大人が、社会保険に関わるお金の運用が適切に行えているのかどうかを判断しているということが、非常に危険な気がしませんか?

そういうことを言い返すと子供と一緒でムキになって何度も仕返しに来られるようなので、監査に対応している人は、心の中では思っていても、表面上は頭を下げているわけですけれどね。

金と権力に対して頭を下げているのに、自分が偉いと勘違いしてしまっているのでしょうかね?

« 朝の空気に誘われて | トップページ | 語りえぬものには、 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

全くです。日本の小役人はひどすぎます。お役人さまは偉いんだぞ、という感覚がぬけてないんだと思います。クビにされない強みをいかして、陰険に責めてくるから、たちが悪いですね。富山の自殺事件や藤枝市民病院の取り消し事件などでわかることは、ますますひどくなっているということです。反抗というか議論しようとすると異議を言われたかのごとく、むきになって、せめてくるから、いやですね。国民のほうを向いてないこともわかってないのです。

何か事態をゆっくりやっていこうとすると解任だの辞任だの
高速道路の件はどこに行ったんでしょうね
道路特定財源制度の使い方もあやふやなままですし・・・
揚げ足とりとかよりも深刻な問題の解決が優先だと思いますが
年金問題で明日が困っているお年寄りもかなり多いのに・・・

>tokumitu50さん
その彼らの給料も私たちの税金から支払われているのですよね。
おかしいです。
本来ならば私たちの暮らしが安心して出来るようになるのであればということで、そういった仕事の人たちに私たちの税金が使われているのを承諾しているわけですから。
あまりにおかしな人たちには給料を出して欲しくないものですよね。
公僕って言葉をご存じないようすですよね。

>偏遊人さん
何かややこしいことが起こると解任や辞任をして国民の目をそらすのは常套手段なのでしょう。
ただ、今回見ていて面白かったのは・・・
安部を手のひらで転がしていると思っていた麻生も、誰かの手のひらで踊らされていた様子であること。
今回、福田がトップに立ったとすると、国民に仕方が無いと思わせたまま消費税を上げることができそうな風潮になりつつあること。
結局、安部が総理になってからの一連の動きは消費税を国民に文句を言わせないようにして上げてしまうための壮大な茶番劇であり、その劇もきっと、何かの裏があるのだろうな・・・
などと空想を膨らましているのが・・・
結構楽しかったりして。・・・あぁ、小市民(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夜長に考えた。:

« 朝の空気に誘われて | トップページ | 語りえぬものには、 »