最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 朝を美しいと感じるのは | トップページ | 夢で会いましょう »

2007/09/24

適切な場所

R0012078

ある指向性をもった車を、その能力が適切に発揮することができる場所に持ち込む喜びというのは、きっとあるのだと思います。

« 朝を美しいと感じるのは | トップページ | 夢で会いましょう »

」カテゴリの記事

GR DIGITAL」カテゴリの記事

コメント

最近、この車のユーザー層は、底辺が広がったことで、適切ではない場所での当然適切じゃない動かし方を見かけてしまうことがあります。
といって声なんかかけても奇異の目線が返ってきたり、へたすりゃ逆ギレされたりで、言葉も意志も届かないのが、「今」なんだなあと感じます。
ラフロードに限らず、舗装道路でもそんなことがあり、同じ名前の車で、2700ccで1600ccを煽って何が面白いんだろう???

>嵐田雷蔵さん
煽られますか・・・・
2700で、1600を煽っていたらさながら弱いものいじめですね。
雪道になってしまえば逆の立場になるだろうに。

底辺が広がるのも善し悪しですね。

その逆って最悪なんですけどね^^;
年に数回なんですがやっぱり砂利道農道とか林道を
MTBでトレイルするのも面白いなぁと思うので
手放すのもどうかなぁと感じています

まぁ、なんちゃってRVもたんまり増えましたよね
走破性が低いクロカンはいらないと思います。

>偏遊人さん
逆って、オンの車でオフに踏み入れるようなことですか?
だと最悪ですねぇ。
お腹擦ったりタイヤはグリップしないし。
なんちゃってRV、エスクードもキャラ的にはなんちゃってRVに分類されるかもしれませんが、結局乗り手のキャラ次第というところがありますね。
多少、ボディを山にこすりつけても良いと思うかどうかで・・・(以下自粛)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 適切な場所:

« 朝を美しいと感じるのは | トップページ | 夢で会いましょう »