最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007/11/30

少しでも

R0012569

空に近づこうとしている

2007/11/29

日の落ちる時間が

R0012618

ここにも冬が訪れることをしらせてくる

2007/11/28

木漏れ日の中

R0012572

こういうところにくると、時のたつのを忘れて じっと見入ってしまいます。

紅葉でもないかと山の中に入ってみたものの、行き当たりばったりにこんな所で時間を過ごしてしまう・・・

まぁ、悪くないかな。

2007/11/27

何度か足をはこんでいる

R0012558

神在月には神様が道すがら休憩するといわれている山に入ってきました。

FM10と50㎜のレンズをかかえてはいると道が狭くて撮りづらかった鳥居も、GR DIGITAL+ワイコンだと余裕を持って画面に納めることができます。
狭いところに入り込むときにはこの組み合わせで楽しめそうです。

2007/11/26

秋の夕暮れは

R0012615

とても静かだから

ちょっとした考え事にはちょうど良い

2007/11/25

迷いの森へ

Scan10139

誘われてみる

2007/11/24

よく行く雑貨屋さん

R0012540

色の洪水

2007/11/23

排気音

「私、バイクの音が好きなんですよ」

僕がバイクに乗ることを知って、患者さんが、話し始める。

高齢の女性には珍しい反応だ。

どうしてだろう?と話を聞くと

「夜に、玄関先からバイクの音が聞こえてくると、あぁ、今日も息子が何事もなく帰ってきたと安心できるんです。」

なるほど。

そういう安心感もあるのかと少し納得する。

確かにバイクは車と比較すれば危険な乗り物なのだろう。

バイク乗りにとっては、それも魅力のひとつになるのだろうけれど。

息子の好きなバイクを否定も肯定もできないままに、ただ、バイクの音がすると、息子の無事を感じていたのだろう。

実は、この患者さんは僕にバイクの乗り方を教えた人間の母親である。

いつか、この話を肴にそいつとゆっくり酒を飲むのも悪くはないかもしれない

そんなことを、ふと考えていた。

2007/11/22

そこには

Scan10140

どんな

時間の記憶が刻まれているのだろう

2007/11/21

全ての事象に

意味があるのならば、

捨てられてしまった”希望”にも

何かの意味があるのだろうか?

2007/11/20

いまごろ

Scan10149

赤く色づいているなら、綺麗だろうなぁ。

それとも、もう終わってるかな?

急に寒くなったからねぇ。

2007/11/18

Give me wings

R0012501

I'll fly away

2007/11/17

誰も通らない

Scan10138

やまの中の道を見つけたら

車を降りてエンジンを止めてみるのだ

過ぎていく時間の音を感じることができるかもしれない

2007/11/16

山のお寺にいってみたら

Scan10142

まだ、緑の感じが残っていました。

上の方にいくと、ひとつ前の記事に載せた写真程度の赤みをさした木が少しずつ増えているものの、まだまだな感じ。

出歩けば、もうしばらくは紅葉が楽しめるのかもしれません。

2007/11/15

存在は

Scan10137

かわりなくとも

うつろいゆくもの

2007/11/12

知らない道に

R0012429

入り込んでみる。

そこは、誰も通らないような静かなところ。

どんなところへ出るのか?

何処に出たとしても、そこは知らない場所。

少しだけドキドキしながらゆっくりと走らせる。

2007/11/10

共に

Scan10136_2

秋を探すのを

ゆめみただけさ

山は

Scan10135

もう、こんなにも色づいていた

2007/11/09

朝の空を見上げると

R0012397

猫が散歩でもしていたかのような雲

犬と猫、どっちが好きかといわれれば、猫が圧倒的に好きです。
っていうか、犬はどちらかというと嫌い。

気ままに歩き回る猫をみているのが好きだったりします。

2007/11/08

もう いいの?

Scan10130

そう、よかったわね

2007/11/07

秋の夜を

R0012395

バイクで走ってみる

秋の夜は、ほどよく寒く

せつない香りがする。

そして、なにより 美しいのだ

ゆっくりと道を歩くには

Scan10127

ちょうど良い季節だよ。

色々な落ち葉が目を楽しませてくれる。

2007/11/06

急速に

Scan10126

深まりつつある秋

2007/11/05

秋を探しに 

Scan10125

いってみるっていうのはどう?

2007/11/04

"I Love You 答えてくれ"

中島みゆきさんのアルバム、もう、発表から少し時間がたっています。

いいアルバムですね。

どの曲も、すばらしいと思います。

もっとも、中島みゆきという人の歌に出会ったのが思春期の頃。”親愛なる者へ”に強いインパクトを覚え、あさるようにアルバムを聴き続けていました。だから、僕の感受性といわれる部分にみゆきさんの歌う詩の影響が入り込んでいるのは当然でしょうし、そういった点からみれば彼女のつくる作品をすんなりと受け入れてしまうのも当たり前なのかもしれません。

どの曲も、とても気に入ってしまいましたが、その中でも・・・

・惜しみなく愛の言葉を
・一期一会
・昔から雨が降ってくる
・I Love You 答えてくれ

共感にも似た感動を感じます。
他にも、いやされたり、打ちのめされるようにきびしいメッセージを感じたり。

Scan10048

人は、いや、僕は欲張りなんでしょう。

彼女の歌うあまりに一途な気持ちは、自分にないかもしれないからこそ憧れてしまうのかもしれません。

受けとった と声が聞きたい
受けとった と声を届けたい

2007/11/03

キャブレターのOH

R0012352

R1-Z、購入時から、時折ガスが薄くなるような感じでエンジンが止まってしまうことが度々・・・

何度かショップと相談していたのだけれど、なかなか解決されず。

エンジンそのものの問題というよりキャブレターを中心とした、エンジンにガソリンを送り込むまでのところで問題があるような気がすると話して、キャブのフロートあたりを中心としたOHと負圧コックの交換、パイプ類の交換を実施。

ちょっと調子を見るために乗り回してみると、なかなか良い感じ。

もともと、頻繁にエンジンが止まっていたわけではないので、もう少しのってみないとわからないけど、ふけが良くなり、始動性も良いし、アイドリングも安定している様子。

なかなか良いんじゃない!?

だけど、これから寒くなるんですけど・・・

そらから

R0012173

降ってくるのではないかと思うくらい

たくさんの星が見えていた時

君の住む街でも

星は見えているのかと 

ふと想った

2007/11/02

もう、11月だねぇ

R0012225

今年は研修に行っていたりしたせいか、時がたつのが早いような気がします。

気がつけばもう秋。冬までもうすこし。

2007/11/01

いずれにしても

R0012267

喉の渇きを意識したところで

喉を潤すことはできない

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »