最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« あか | トップページ | 雪景色 »

2008/01/14

パプリカ

久しぶりに、アニメ映画を見ました。

レンタルやさんに言ってみたら、パプリカが目にとまり、パッケージを見ているうちに筒井康隆原作だと気づきました。学生時代に一生懸命読みあさっていたあの筒井康隆・・・

面白かったです。

夢と現実が互いにわかりにくく交錯していく様子で、以前「エルム街の悪夢」で感じた足下の不安定さを再びこの作品で味わうことになりました。

台詞も、この作者の印象をそのまま伝えてくるような感じがして、非常に面白かったです。

だけど、アニメとはいえ、よく映画化をしましたね。

夢を題材にした映像、この作品の中で、こんな感じの夢を体験したことがあると感じる場所が結構ありました。
黒澤監督の「夢」も夢を映像化したものでしたね。土俵が違うので比較するわけではありませんが、実際の”夢”のストーリー展開の理不尽さや場面展開を考えれば、パプリカの方に本当の”夢”らしさを感じます。

原作にも興味がわきます。

久しぶりに小説を読んでみようか・・・

« あか | トップページ | 雪景色 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80586/17687260

この記事へのトラックバック一覧です: パプリカ:

« あか | トップページ | 雪景色 »