最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008/04/30

分裂

Scanfilm0207

この石、どうやって割れたのでしょうね。

自民党、暫定税率を再可決。

民意を無視していると思います。何万歩か譲って、経済のことを考えてとのことであったとしても、十分な説明をしているとはとうてい思えない。

田舎に住んでいればわかりますが、公共交通機関の乏しい地区では車が生活の必需となります。ガソリンが必需なワケです。

道路ができても有料。ガソリンも高いとなれば、生活が圧迫を浮けるのは田舎ほど激しい。

わかっているだろうに、無視してしまうあたり。

福田康夫が悪いだけではない。

自民党の体質が極悪のように感じます。

自民党なんてこの石のように割れてしまえばいい。

*追記(5月5日)
暫定税率が再可決したときに、自民党幹部が高級料亭で祝杯をあげていたそうですね。
そのときの食事、お酒はさぞ美味しかったことでしょう。
どうせ連休で国民のばか者たちは、苦さを忘れてしまうとそういう風にお思いか?
のど元を過ぎれば熱さを忘れ、来年ぐらいにはこの騒ぎも沈静化するとお考えか?

本当にガソリンの消費量を下げて環境問題に対応しようというのなら、田舎の公共交通機関を何とかすべきだ。
赤字で次々と本数が減っていくバスや電車。赤字を国が補填してくれるなら存続もできるだろう。
国が補填する覚悟で人が少ないところにも電車を通して見ろ。朝も早くから夜遅くまで頻繁に電車やバスを走らせて見たらいい。
そしたら、車でなんか通勤する人も減少するさ。道なんて作らなくていい。

断言してもいいと思うが、自民党のやつらなんて、地域のことなんて本気で考えていやしない。
本気で考えているのは自分の財布の中身を増やすことと、それを正当化する屁理屈だけだ。

馬鹿な国民を酒の肴に、祝杯を挙げた自民党のかたがた。
その食事、旨かったろう。
国民の金を掠め取って喰らう飯と酒はとても旨かったろう。

今度、どのくらい旨かったか教えてくれよ。

Scanfilm0185

2008/04/29

邪推

自民党が暫定税率の復活を願うのは、道路や建築に携わる人たちを守るためだ。

それは、自民党の票を集めるのに大切な人たちだからだ。

彼らを守らなければ自民党は選挙に勝つことができなくなり、政党として成り立ちにくくなると考えているから、彼らの生活を守るために資金を廻して彼らを守ろうとする。

だけど、それは違うぞ。

選挙で問われるのは、いくつ票を集めるかではなく、政治理念であるはずだ。

金でぐちゃぐちゃに癒着してしまった票をアテにしてどうするつもりだ。

地域を守るなんて理屈、詭弁にしかきこえない。

そして、国民を無視して自民党を救った実績を買われ、フクダは陰の実力者になってまた党内に影響力を残すわけだ。

腹立たしい。

2008/04/28

すずらん

R0013488

いただいたもの

2008/04/27

花壇らしきもの

R0013493

雑草だらけの庭に花壇らしきものを作ってみた。

といっても、区切っただけ。

植えた花は、秋桜と人から頂いた鈴蘭。

花が咲くのが楽しみ・・・・

2008/04/26

今日は

Scanfilm0205

久しぶりに穏やかな天気の週末

ゆっくりした時間を探してみようかと思案中

2008/04/25

叶わぬ想い

Scan10193

花をおったりする事件が相次いでいますね。

きっと、花を育てたことがないのでしょう。

きっと、人を育てたことがないのでしょう。

きっと、自分を育てたことがないのでしょう。

2008/04/24

山中にて

Scanfilm0202 

ふと山の中に入る込む習慣・・・

2008/04/23

翼を広げて

R0013476

今、飛び立とうとしている

2008/04/22

人にはどうでも良い風景

Scanfilm0198

僕には、強い記憶が呼びさまされる風景

2008/04/21

何となく

Scanfilm0195

心がざわつく夜

街の光がいつもより暖かそうに見える夜

2008/04/20

初めて

R0013431

君のきちんとした名前を知ったよ

スノーフレークと呼ばれているそうだね

2008/04/19

前世

Scanfilm0206

昔、友人の結婚式の帰りのこと。

みんなで街を歩いていて、ノリで前世を見てもらったことがある。

僕は、その昔、いいとこの侍の家の長男として生まれたそうだ。
元々奔放なところのある僕は、ある時、父親と些細なことで喧嘩をし、家を出たそうだ。

何処かの旅芸人一座に混じって、色々なところを渡り歩いていたということだ。

旅の中で、好きになった人もいたそうだが、結局結ばれることなく旅を続け、年をとり、ひとりでそっと他界したらしい。

いまだにその話を憶えているのは、この前世の話を結構気に入っているのだろう。

昔生きていた僕も、こんな風に空を見上げていただろうか?

2008/04/18

放射冷却の朝

Scan10002

2008/04/17

ねぇ

Scanfilm0193

きこえますか?

2008/04/16

小さな水の流れを

Scanfilm0201

わたる小さな橋

橋があれば、少しわたりにくくて躊躇する向こう側にも行きやすいことだろう

小さな橋になれればいい

2008/04/15

もう一つの

Scanfilm0188

2008/04/14

春の使者

Scanfilm0200

この時期、春の花に目がいってしまうけれど。

土筆も春を感じさてくれます。

だけど、最近食べている人って少ないんだってね。

Scanfilm0190

2008/04/12

桜 ”うつろい”

R0013384

R0013360

R0013342

2008/04/11

告白

Scan10540

2008/04/09

故郷

Scanfilm0167

他の人にはどうでも良くても、

自分にとっては大切な風景。

2008/04/07

桜の日

Scan10196

桜をゆっくりと楽しむ

桜に闇が覆い被さる時間

Scan10200

2008/04/06

光と影

人は、太陽の暖かな光をあびると、優しい気持ちになれた。

太陽は、人々の優しい笑顔を見るのが好きだった。

だけど、太陽は人の影がいつも気になっていた。

「何故、人の影はあんなにも寂しそうなんだろう?」

何時しか、太陽は、影を消したいと願うようになった。

光をどんどん強くしてみると、影はさらにはっきりとなる。

太陽は一生懸命頑張った。

ある日、とうとう太陽は今まででいちばん強い光を出すことができるようになった。

「これで、あの人たちの寂しそうな影を消し去ることができるかもしれない。」

太陽は、張り切って、人々を照らした。

あまりに強い光は、影を消し去った。

同時に人々も消し去ってしまった。

影のない世界を見て、太陽はつぶやいた。

「影があったからこそ、あの笑顔は美しかったのかもしれない。」

太陽の目には、何もない、光の世界が映っていた。

2008/04/05

朝の桜

R0013319

今朝の桜

ようやく見頃

春だねぇ

R0013316

2008/04/04

目覚めると

R0012741

窓を開ければウグイスの声がします

春ですねぇ

2008/04/03

そろそろ

Scanfilm0177

バイクに乗りやすい季節・・・

といっても、最近ではもっぱら通勤だけ。

2008/04/02

いちばん最初

Scan10189

最初に咲くのって、勇気がいるだろうなぁと思いながら

2008/04/01

TVの中では

R0013310

欲にくらんだ嘘ばかり

優しい嘘つきが居ない世の中はぎすぎすしてる

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »