最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008/06/30

紫陽花は

Scan10221

もう見ましたか?

Scan10223

よろしければ

Scan10222

ご一緒に・・・

2008/06/28

Nomad

R0013724

エスクード、新型が出ているようです。

スペシャルサイトをチェックしてしまいました。見に行ったということは興味があるのでしょうね。
魅力を感じないわけではないのですが、のぞいてみて、やはり今乗っているNomadのほうが、僕にはあっている事を再確認しました。

やはり、ボディーを擦りつけないと入れないような所に入りたくなったりする僕のキャラでは新車はやはり、躊躇します。もし乗ってしまったら、行きたいと思うところに入ることがタブンできなくなるだろうし・・・

もちろん、購入するお金も無いのですが(笑)

ただ、スペシャルサイトのエスクード20年の歴史というコーナーとプロモーションビデオのコーナーは結構楽しめました。

2008/06/27

駐車場にて

R0013789

自転車を止めるところに、花が咲いていることに気づく

余裕がないと、目に入っていても気づかない事は多い

2008/06/26

水やり

Scanfilm0240

最近、雨の日以外の日課

2008/06/25

やけに一週間が長く感じる日

Scanfilm0224

疲れているのだろうか?

2008/06/24

薔薇の写真

Scanfilm0235

Scanfilm0234

こんな風に、薔薇をアップで撮るのはたぶん初めて。

何故か薔薇とは縁のない生活を送っております。

これは、外出先でたまたま飾ってあったもの。

だけど、薔薇って、やはり目を引きますね。

2008/06/23

親愛なる者へ

Scanfilm0219

昔の話です。
中島みゆきさんのアルバム、”親愛なる者へ”の歌詞カードには、最初に歌ではなく、みゆきさんの詩というか、メッセージのようなものが書いてありました。

本当に、助けて欲しいと思ったなら私は本気で手を差し出すといった内容だったと思います。

それを見ていて、本気で手をさしのべることの難しさや怖さを何となく感じていました。

あれからいくつもの年月が過ぎ去り、僕も大人になっています。

今でも時折、この手は人に差し出すのに充分な手かと、ふと思うときがあるのです。

2008/06/22

色を失った花

Scanfilm0227

それでも美しく見えてしまう

2008/06/21

質感

R0012770

握ったときのバランス

皮膚を伝わってくる金属面のやわらかな印象

可動部を動かしたときの均質な、そして適度な抵抗感

全ての感覚が、この道具がとても丁寧に作られたことを教えてくれる

2008/06/20

飛翔(はばた)いたら

Scan10406

戻らないといって

目指したのは・・・・

最近気に入っている、いきものがかりの”ブルーバード”という曲

2008/06/19

梅雨の日

R0010866

今日は久しぶりの雨の日

きっと、紫陽花がきれいなことだろう

だけど仕事

2008/06/18

紫陽花

Scan10218

庭の小さな紫陽花も少し色づいてきた

2008/06/17

早咲き

Scan10219

庭に植えていた早咲きの秋桜がもう花をつけた。

これでは秋に楽しめないので、また種を買ってきた。

庭に咲いている秋桜を見つけた母は、

祖父も秋桜が好きだったという話をしてくれた。

2008/06/16

DEEP GREEN

R0013746_2

きみは憶えているかい?

2008/06/15

スタック

R0010639

まぁ、いつかはやると思っていたのですが・・・

この写真の後、見事にスタック。

しばらく周囲を見て木ぎれを見つけては引っ張ってきて、砂を掘ってタイヤのしたに。

それでもなかなか脱出できずタイヤは埋まっていくばかり。

何度も、「脱出不能」という言葉が脳裏をよぎりましたが、ソーイングを繰り返すうちにちょっとグリップが回復して一気に脱出。

軍手もスコップも持たずに砂の中に入ってはいけないと学びました。

(そういう問題か!!!(~~;)

2008/06/14

Don't think !

ブルースリーの代表作、”燃えよドラゴン”の中の有名な台詞

Don't think . Feel.

物語の最中、弟子に蹴りを教えているシーンで、何度かけりをさせたときに弟子が良い蹴りを放つ。そのときに、リーは何を感じたか弟子に問いかけると弟子が答えを探すために考え始める。そのときに、弟子の頭を軽くはたき、

「Don't think . Feel.」

うーん、やはり、ブルースリーはただ者ではないと思うのだ。(笑)

運動学習が何であるのかを理解している気がする。蹴りという下肢の分離した活動を支えているのは体幹の安定性だ。体幹に働きかけるのは随意的な回路ではなくて、おそらく橋網様体脊髄路を中心とするオートマティックな活動である。この部分の学習については随意的な回路、背外側系を主体とする皮質脊髄路では代償的に表層の筋を強く活動させる結果となり見せかけの安定性を作ることができても、相手を蹴り飛ばすような強い力を生む強力な安定性を体幹に作ることができないのではないかと推測するのだ。意図や論理で体幹をコントロールすることを学ぶのではなくて、感覚で憶えろというブルース リーのメッセージは現在の運動学習を支える理論と矛盾していない。(たぶん)

で、少し調べてみた。

ブルース リーは截拳道という格闘技の流派を作った。

この、截拳道は、現在さらに2つの流派に分かれているらしい。

ひとつはオリジナルに忠実な流れを持つ。もう一つは、截拳道が作られた経過を重視して、そのコンセプトの部分を伝えようとさらに様々な格闘技のエッセンスを取り入れていっているらしい。

うーん。面白い。

2008/06/13

その道を進むためには

Scan10066

”希望”が必要なのではなく、”意志”が必要なのだよ

2008/06/12

それは

R0013694

きみを守っていたモノではないのか

2008/06/11

梅雨入り間近の空

R0013692

ぼんやりと優しい色

2008/06/10

土の香りをかぐと

Scan10214

少しだけホッとする

2008/06/07

酔っ払いの帰り道

R0013691

自分が下手なのはわかっていたけれど、ここまでとはねぇ・・・

強がりと現実のハザマの帰り道

2008/06/06

今日から

Scan10185

出張にて大阪へ。

高速バスに乗ってノンビリと行ってきます。

2008/06/05

ふぅ・・・

Scan10213

テレビはいつも見たくもない現実を見せつける。

いつの間にか咲いた庭の花は、

少しの間だけ、嫌なことから目をそらさせてくれる

2008/06/04

蒼の空

Scan10211

2008/06/03

紅の空

Scan10212

2008/06/02

梅雨の気配

Scan10215

だんだん、水の香りが強くなってきている気がする

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »