最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008/07/30

ねぇ

R0014083

風にならないか?

2008/07/29

流れる雲に

R0014086

惹かれてしまうのは

きっと、何かに身をまかせて流されていくようなことができないからだろう

2008/07/28

模倣

R00139814

とても見事に、土の色、枝の色と葉の色を体にまとっている。

2008/07/27

清流

Scan10242

緑を育む水

2008/07/26

緑に囲まれて

R001392312 

光 影 水の音 羽音 虫の声 鳥の声 風の音 木々の声 土の香り

2008/07/25

R00139993

暑い日が続きますねぇ。

どうぞ、涼んでいってください。

     

2008/07/24

どんなに悔しいことがあったとしても

R00139349

あの時の記憶が僕を支えている

2008/07/23

あたたかな

Scan10241

かぜがふいていた

2008/07/22

やっほ

Scan10239

ヤッホ ヤッホ

子供たちの声が夏の祭りをはこんでくる

夏の始まり

2008/07/21

朝焼け

R0013914

まだきみは

夢の中にいるのかもしれないね

2008/07/20

与えたのは

Scanfilm0250

きっかけ

咲こうとしているのはきみ自身

2008/07/19

弐拾への興味

Scanfilm0260

いったい何が入っているのか・・・

2008/07/18

梅雨も終わりを告げようとし

Scanfilm0266

もう、夏

2008/07/17

蒼い 蒼い

Scan10230

あの空

2008/07/16

印象

Scan10231

GR DIGITALで同じ所を同じ時間に撮ったものを以前にアップしています。

TARON 35で撮ったものの現像が終わってびっくりしました。

GR DIGITALで撮ったときは、そのときの空のイメージがだいたい同じぐらいだと思っていたのですが、今回現像してきたもののほうが、その空を見たときの感動というか印象をよく出してきている気がするのです。

2008/07/15

扉の向こうに興味があるのなら

R0013807

その扉を開くしかないのさ

2008/07/13

質実剛健

Scanfilm0253 

この車のイメージ

2008/07/12

壁の花

Scan10228

通りすがる人はきっと君たちにいやされている

2008/07/11

何処かに行こう

Scanfilm0269

何処かはわからないけど・・・

2008/07/10

ほうせんか

Scan10227

わたしのこころ

2008/07/09

ちょっとした怪我

  左手の手根骨、小菱形骨の骨折をしてしまった。

そもそも、靱帯が強固に安定させているところでもあり、骨折から思い浮かべるような痛みはない。

腫れが出ていることと、手関節の屈曲時にはさすがにいたくて力が入らなくなるのがちょっと問題だろうか。整形外科の医師からは固定すると仕事がしにくくなるだろうからこのまま行こうかといわれたので、動かしても転移が起きそうな部分ではないという判断で良いのだろう。

現状では炎症を起こしているため微熱が全身症状として出ているので、仕事は有休を頂いている。

で、面白いことに少し気がついた。

仕事場で浮腫を起こしている手を見ると浮腫を引かせるようにアプローチするのが関節の可動性を上げるための早道だと思っていたのだけれど、自分の手の浮腫を今徹底してひかせようという気がしないのだ。

何故かはだいたい理解できている。

骨折して痛みが出る。で、手が使いにくくなるのだけれど、浮腫が強くなる経過の中で手の使用時の痛みが減弱した時間があったからだろう。

僕の手の感じでは、手の限られたコンパートメントの中で浮腫が起こってくると、その内圧によって小さな骨の骨折による異常な可動性が押さえ込まれているような感じなのだ。で、多少の動きではあまり痛くなくなる。当然、その範囲を超して動かすと皮膚の突っ張りや動きに対する関節のアライメントの異常が出て、より痛くなるのだが、動く範囲での痛みは減る。そんな感じだ。

だからといって浮腫を長期的にほっておくと循環の異常や筋、神経、血管系への圧迫などから他の弊害が出てくることは容易に想像できる。

で、今していることは、浮腫の減弱のコントロール。

浮腫でぱんぱんになっている手は動きが乏しくて利用できない。

浮腫を必要以上に減らすと関節がルーズになって痛みが増強しそうだ。

で、その合間の状態を維持して動きを出していく。

すると、腫れていても意外に使える状態になる。

いってみれば関節の痛みを減弱させるための自律的な固定方法としての浮腫という考え方。

臨床的に使えるかどうかといわれると、RSDなど他のファクターが入ってくる場合なども多そうだし、何よりも自分の体のように相手の動きと動いたときの感覚を理解しないといけなくなることを考えればなかなか難しそうではあるけれど・・・

Rimg3263_2

写真は関係ないけど、文字だけだと寂しそうだから・・・(^^;

光をあびようと思えば

Scanfilm0210

必ず影ができる

2008/07/07

日が落ちる前の

R0013832

わずかな時間

2008/07/05

とおりすがり

R0013806

昔、賑わっていたかもしれない店内

今はただのがらんどう

2008/07/04

花を見ていた

Scanfilm0189

花は見ていた

2008/07/03

何処

Scan10168

いったい、何処へ?

2008/07/02

この時期は

Scanfilm0239

晴れた日にも、まだ水の香りがする

2008/07/01

久しぶりに

Scan10220

こんな時間に、蚊に刺されて目が覚めてしまったところ。

何をしようか、それとも寝ようかと思案中。

今日は一日、雨は降らないという予報。

久しぶりにバイクで通勤でもしようか・・・

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »