最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 木漏れ日のなか | トップページ | 脚 »

2008/09/04

気が重いこと

Scanfilm0297

担当しているお子さんの、お母さん。

「今度、通っている園の人が(僕に)来て欲しいといっておられて、園におられる○○先生(医師)も話がしたいようでしたし」

と話があった。以前、この、○○先生から電話でお叱りを受けたことがある。
なんでも、○○先生が診断したことに、僕が口を出したことになっていたらしい。

そんな気はなかったし、そんな風にとらえられるのは心外であった。だけどその時は、その子に対する療育のkeyになる人が誰なのかわかりにくかった時期でもあったので、○○先生がリーダーシップをとる気なのだろうと考えて反論は一切しなかった。

それからは基本的には病院に来られて園の中での話があっても、それに対してのコメントはできるだけ避けて、その子の反応を積み重ねるようにアプローチをしてきた・・・のに。

今度は呼び出しですか。

別に、その子のためになるのなら行ってもかまいませんが・・・。

話し合う気がなくて、ただ、会話の中から上げ足をとるように怒られるのは不快なものですよ。

いずれにせよ、この子が学童期に入れば病院でのアプローチは困難になります。○○先生がリーダーシップを取られるのが現状では最善であるという事実はわかっています。全く異論がありません。

ですから威嚇するようなことはやめて頂くと喜びます。

当方、気が小さいもので。(^_^;

« 木漏れ日のなか | トップページ | 脚 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 木漏れ日のなか | トップページ | 脚 »