最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008/12/31

今年も

R0014642

大晦日。

ふと、「もういくつ寝ると、お正月。お正月には・・・」と口ずさんでいた小さなころを思い出します。

小さなころは、お正月の落ち着いた雰囲気やご馳走。それこそ、凧を上げたり独楽をまわしたり。お年玉をもらっても、周りのお店が開くのは3日から。

時が過ぎ、お店は元日から開くようになって便利な世の中になりました。

便利になった反面、あのころのゆったりした時間はなくなったような気がします。

もう、あとひとつ寝ればお正月。

来年はどんな1年になるのでしょう。

このブログも、何度かお正月を迎えています。どうでもいいような写真と、どうでもいいような独り言を綴ったブログ、お付き合いをいただいた方々に感謝します。

良いお年をお迎えください。

2008/12/30

「動」

R0011421

一年を振り返ってみれば、色々あった年でした。

・仕事でのスキルアップを目指し始めた
・交通事故、手の骨折、バイクの全損
・怪我による、仕事を始めて以来の長期休暇
・リコーのフォトコンテスト入賞
・バイクの保険金による、通勤用の車の入手(笑)
・忘年会、ビンゴゲームにて初めて当たる(なんとiPod nano!!!)

うーん、書いてみると思ったほどたくさんじゃないなぁ。

2008/12/29

そろそろ

R0014570

帰省する人もおられるのでしょうね。

2008/12/28

大掃除

2008_12_23_005

すすまないなぁ

こんなことしてるから・・・

(現実逃避)

威嚇

2008_12_27_020   

届かない天を威嚇するカマキリのような病院の改築風景

厚生労働省の役人方やメディアに食い物にされ、崩壊に向かう医療。

最近はやりの、正しそうに語られるEBMも医療を食い物にする理由のひとつに成り下がった今。

語るべき事柄はすでに失われている。

2008/12/27

失われる物語

R0010997

2008_12_21_018

R0010469

GR Digital VQ1015 Holga135

チボリ公園の池にある船のレストランです。

アトラクションもありますが、比較的落ち着いたところで、ビールを飲みながら散策するのが好きでした。

今年いっぱいで終わりだそうです。

もう倉敷に行くことも無いでしょうね。

2008/12/26

もう、山は雪が積もっているかなぁ・・・

Scanfilm0414

今日で仕事納め。

少しノンビリできる時間がとれそうな予感。

しなければいけない仕事はたくさんあるのですけれどね。

カメラもって一日ぶらぶらするというのはできないか・・・・

2008/12/25

制作中につき

2008_12_13_001

もう少しまって・・・

「年賀状」

2008/12/24

I wish

2008_12_14_006

2008/12/23

雨の小道

000041

Holga135+AGFA400

このフィルム、光が足りないのにすごく弱い感じですね。
今度は天気が良い日を選んでもっていこう・・・

2008/12/22

冬の光

2008_12_21_019

2008/12/21

会議

2008_12_21_029

そろそろ、準備中

2008/12/19

弱音

Scan10036

最近、上司の口から漏れるネガティブな言葉。

「周りの人から(リハビリなんて)何をしても、そんなに結果は変わらないって言われるからね」

「なんで結果が出ないのだろうね」

それは、周りの人が言った言葉を借りて出してきた、あなたの本音なのでしょうね。

僕は自分のことをすぐれていると思っているわけではありませんが、少なくとも自分が歩もうとする道を信じています。

何も信じないような人たちに理屈や実践で劣るようなことはないと思っています。

結果が出せないのなら、結果を出すように努力をされたらいかがですか。

患者さんに色々なことを学習してもらおうとするのは、よりアクティブに人生を過ごしていただきたいと思うから。

アクティブさを失ったセラピストは患者さんに何を伝えることができるのですか。

前を向いて歩くことをやめたセラピストが、患者さんにどうやって、前を向いて歩いていくことを教えることができるのでしょうか。

分析(というほどでもないか・・・)

Cnv000009

Holga135 「BC」でなくても、時折周辺減光が起きますね。

どういったときにそうなってしまうのか、まだわからないですけれど。

それに対し、VQ1015はほとんど出るように設計されているようですが、時折そんなに強く出ないときがあります。これは、おそらく暗めの時にシャッタースピードが遅くなるか絞りが開放気味になったときに周辺減光が起きにくくなるのではないかと勝手に思っています。

どちらにしても、どちらのカメラも思ったように写ることはあまり無いので面白いのですが・・・

2008/12/18

hikikomori

Cnv000031001

また、誰かの役に立つことも・・・

2008/12/17

明るいところに

Img_0026

光が集まる

2008/12/16

霧の中へ

Scan10048

周りを白く塗りつぶす霧

Scan10046

海へと向かう、雨と霧の道

Scan10047   

2008/12/15

だれもかれも

2008_12_14_007

いそぎあし

2008/12/14

秋の風景

Scan10050

Scan10051

Scan10052

少し前にFM10で撮った写真

現像に出すのが遅くなって、今頃になって秋の写真です。

先週は大阪出張でした。帰ってくると、こういった緑が無性に見たくなります。

だけど、今日はあいにくの雨天・・・

2008/12/13

捨て去ってしまったのは

Img_0030

君が飲み干してしまった缶ではなくて

君の品性だ

勢いで

Img_0002

購入してしまったVQ1015 ENTRY

ちょっと遊んでみます・・・・

2008/12/10

夢の記憶

R0014368

昨日見た夢をおぼえているかい?

荒れた海の小さな砂浜を一人で歩いていた。
なぜかその場所を懐かしいと感じていた。
その砂浜を右にしばらく歩いたところに、木でで組まれた小さな道があるはずだった。
その道を進んでいく。
その道は荒れた海の波にすぐにさらわれそうになるような危なげな雰囲気を持つ道だった。

その道の先には暖かな大きな砂でできた山に囲まれた海水の水辺になっているはずだ。
歩いていくと、記憶にある場所に出る。
あの小山の向こうは外の海。波が荒れているはずだが、この砂浜の内側は暖かく水遊びができるほどの大きな水溜り。

それを確認すると、再びもとの道に帰っていく。いや、その先に向かっているのかもしれない。
道に迷ったのか知らない民家のある道に出る。

振り返ると大きく荒れた海。

海の波が遠くの岩に当たり、大きな波しぶきを上げている。
見ていると、海の砂が混じり、大きな魚の形をしたしぶきとなって、その砂の魚はまるで海から跳ね上がっているように見え、あわててカメラを構えるが上手くとることができない。

程なく目が覚めた。

見たこともない海のはずなのに、懐かしい感じが残っている。
なぜかをしばらく考えて、思い当たることがあった。

かつて、見た夢の中の海の光景だった。

あまりに強い印象に残った海の夢。

現実のことのように脳が記録していたのだろう。

電車に乗りながら、大人になってもそんな夢を見てしまうのは精神的な安定に欠けているせいなのだろうと思う。

それを嫌悪する自分と、肯定する自分がいるのに気づく。

僕は、今、疲れているのかもしれない。

2008/12/08

OSAKA

R0014720

田舎モノには少し怖い地下鉄への階段

2008/12/07

バスのなかから

バスのなかから
けっこう高速バスは退屈であります。
Sportioで、モブログの設定して暇をつぶしているところ。あと1時間ぐらいで梅田着予定。

秋の痕跡

R0014697

今日からしばらく大阪です。

大阪も寒いかなぁ・・・

2008/12/06

雪の降る日

R0014708

外を歩いていると、子供のころは雪でも外に遊びに出ていたことを思いだす。

2008/12/05

HOLGAの朝

Cnv000027

昨日は、職場の人と夕食を食べる約束。

お酒も入るので、朝、駅まで歩いて移動。45分の移動時間。

朝から疲れた・・・・・

2008/12/02

誰だって一度は

Scanfilm0438

乗ったことがあるのでは?

2008/12/01

だがしや

000024

子供のころに、よく駄菓子を買いに行ったみせ。

もう人は住んでいない。

子供のころの想い出を少しでも記憶にとどめようと何枚か写真を撮っていた。

どれもこれも満足できるようなものにはならなかった。

そもそも、想い出を今撮ろうとして満足できるような写真などとれやしないのかもしれない。

それでも、また、いつか撮ろうと思っていたのだけれど。

ふと通りかかった路地。見慣れた廃屋は取り壊されようとしていた。

以前Holga135で撮った、この写真がこのお店の最後の姿だ。

年と共に、人も土地も変わっていく。

変わらないものもきっとあるのだと信じて、時を過ごしている。

漁港

R0014678001

海と共に生きる人

道がきちんと整備されているわけではない。おそらく、雪が降れば街から出ることも困難になるだろう。

それでも、そこで生活してきた人たちがいる。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »