最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009/01/31

すっきりしないのは

Scanfilm0480

必ずしも天気のせいばかりではないのだろう

2009/01/30

思い出せない事

2009_01_10_009

続けざまにご近所の方が亡くなられた。

ひとりは僕が小さな時から知っているはずの人だ。顔も知っているし、顔を合わせれば会釈をする程度の知り合いではあったはずだ。

だけど、どうしても最後に顔を見たのがいつだったかが思い出せないのだ。

2009/01/28

雪景色

Scan10061

風邪をひいてしまいました。

寒暖差が激しい折、皆さんも気を付けて・・・。

2009/01/27

ふと見た木の影

Scanfilm0470

その存在感に少しだけ驚いた

2009/01/26

つらら

Scan10062

ものすごく久しぶりに、軒先のつららを見た

2009/01/24

かすかに残った

Scanfilm0487

轍がかつてここに道があったことを教える。

道であるならば進もうと思う。

2009/01/23

今日から

093

また寒くなってくれるようです。

2009/01/22

この電車に乗っていたら

2009_01_03_107

何処にたどり着くのだろう

見えない自由が欲しくなるとき

2009/01/21

誰もあがっているのを

Scanfilm0469

見たことがない螺旋階段

2009/01/20

卓球

2009_01_03_052

したいなぁ、と思った瞬間

2009/01/19

守るって言うこと

Scanfilm0464

必要が無くても、そこにいること

2009/01/18

avisports A-301

R0014929 

以前から、自転車が欲しかったんです。何となく。

BSモールトン、ほんとに欲しいと思いましたが、経済的に許せる金額ではありませんし、自転車のメンテナンスなんてしたこと無い。

色々見ていたら、ミニベロ、中国製ではありますが1万円少しで買うことのできる格安の自転車。

これなら、時間のあるときに色々してみても恐くない価格です。(笑)

というわけでやってきました。A-301。

箱から出したらこんな状態。

R0014930

くみ上げるのにそんなに時間はいりませんでした。

もっとプラモデル的な楽しみを想像していたのですが、ちょっと期待はずれ・・・

できあがりは・・・・

R0014931_2

運良く、ギアは良い調子です。

ただ、ペダルの回転に抵抗があるような気が・・・・

まぁ、ぼちぼち様子を見ていくことにします。

ポタリングとまでは行かないまでも、近場は楽しめそうな気がしますね。

雪の残る街

Scanfilm0471

もう、街では雪が急速に溶け始めています。

CONTAX G1 90mmを持ち歩いてみました。
ピントが合わないという噂の90mm、それでも、ひどくずれるワケではなさそうな気がします。

良いカメラを頂きました。

2009/01/17

雪の桜

Scanfilm0459

空から静かに降る雪で

まるで白い桜が咲き誇っているようだった

「死んでしまえ」とののしっておくれ

Cnv000039a_2

窓の中、笑い出す声を聞かすぐらいなら

ねぇ、おまえだけは・・・

(中島みゆき:親愛なる者へ)

2009/01/16

今日で冬型もゆるむという話

2009_01_12_003

少し寂しいような・・・

2009/01/15

ホロゴンの誘惑

R0014926_2

先日、職場で仲良くさせていただいている方から、使わなくなったからとカメラを頂きました。

が、CONTAX G1。

コンディションも良いようです。早速電池を入れてフィルムを装填して使ってみています。

カール・ツァイスのレンズ45mm 90mmの2本がついていました。この評価の高いカール・ツァイスレンズ、どんな風に写るのか楽しみではありますが・・・(それがわかるか否かという問題はあります(笑))

色々調べている内に、ビオゴンという28mmレンズが非常に評価が高いと言うことがわかり、さらに、ホロゴンという16mmの超広角レンズがあると・・・未体験ゾーンですね。

ただ、16mmは価格がやはり高すぎです。仕方がないので、しばらくは28mmを探しつつ物欲を抑えていくことにします。

2009/01/13

雪は

Cnv000033

街から様々な色を覆い隠し、音を奪う。

そして、白い静寂。

2009/01/12

ひたすら静かに

2009_01_12_007

降り積もる雪

2009/01/11

雪の日

2009_01_10_018

もっとつもれと願う一日

2009/01/10

HOLGA135に想う

Cnv000025

HOLGA135のスペックはどんなのかというと、

シャッタースピードは 1/125sec固定(バルブモードあり)、1/100secと書いてあるところもあるようですが、たぶんあまり関係ありません。おおよそそのあたりということで、あまり正確で安定したシャッタースピードではなさそうです。ですから、同じような光の条件の時にうまく写ったり、救いようのないくらい暗く写ることもあります。安定して撮せることができると判断するのは、天気の良い日中ぐらいだと思っていた方が良いような気がします。

ピントは1Mから∞までのマニュアルですが、これも非常に動きやすく、シャッターを押すときにレンズを動かさないように意識しないといつの間にか回っているような不安定さがあります。合わせるときは、距離をレンズで合わせるだけですから、正確な距離がわからない時は運と経験です。自分の手の長さを知っておくと、近距離の目安になるかもしれません。

絞りはf/8と書いてあります。晴天でシャッタースピードが1/100sec前後、ISO400のフィルムを使って外が撮せるぐらいですから妥当な数字かもしれません。曇りの時と晴天の時をわけるスイッチがついていますが、晴天時にはレンズの横から黒い紙のようなものが出てきて光を制限しているようです(まぁ、絞った状態なのでしょう)。ですから、一応、スイッチで絞りが変わると思って良いのでしょうけれど、どのくらいのものかは知りません。
とても明るいとき以外の時間帯や少しでも暗めの時は曇りマークに合わせて撮影した方が間違いがないと思います。

ファインダーはのぞいてもあまり意味がありません。位置がずれるので、基本的にはファインダーを使わずにレンズの位置からどんな風にとれるかを想像してシャッターを押した方が良い感じになることがおおいように思います。

Cnv000020

暗いところだとこの通り・・・・

ただ、このカメラ、ピントもいい加減ですからきちんと合わせることはしないし、絞りの決定も2種類しかないのでほとんど選んでいない、ファインダーで構図を撮るようなことなんてしにくいからしないし、シャッタースピードは選べない。

することがないので、シャッターチャンスには強いような気がします。

ちなみに、135BCではなくても、周辺減光は起きるようです。これはプラスチックレンズの特性なのかなと思います。BCの作られたような減光より、たまたま出るそういった効果のような状態を楽しむ方が良いような気がします。(VQ1015も、わざと光を押さえているドーナッツのような黒い紙は結局取っちゃいました。(^^;)

余談ですが、僕は周りがやや黒くなった状態の映像に惹かれることが多いのです。これは人の視覚に近いからではないかと思っています。人の目の視野は中心視野・周辺視野にわけられています。もっとも解像度が高いのは中心視野で、視線の真ん中あたりです。周辺視野は解像度より動きのあるものに反応しやすくできていて、色彩や形の分析にはあまり適さない視覚情報になっているため、中心がよく見えて周りは余りよく見えていないような状態です。(といいきると語弊があるような気がしますが、そんなものだと思ってください)
下のような写真を見ると、中心がしっかり写っていて周りが少し暗くて、視線の先の印象が強くなるような気がしませんか?

Cnv000026_2

シャッターを押してもどんな写真になるかわかりづらい運次第の要素が強いカメラです。

長いことつらつら書いていた割には結局運次第かという突っ込みもありそうですが、ある意味僕などきちんと撮っても、良い写真が撮れるようなセンスを持ち合わせていない人ですから、ちょうど良いカメラなのかもしれません。

というわけで結構気に入っているカメラです。

あっ、そうそう、撮影が終わってフィルムを巻き取るときにカメラの前後をもってしまうと、裏蓋に圧が加わって、フィルムに横筋状の傷が強くはいるような気がします。巻き取るときは、裏蓋を持たないようにカメラの上下を持つなり横を持つなりして丁寧に巻き取った方が安全です。

2009/01/09

週末は

Cnv000038

雪だってね

2009/01/07

明暗

2009_01_03_086

年明け早々、仕事が重なっている。

すべきことをしておかなくては、後々後悔するだろう・・・

2009/01/06

この冬は

2009_01_03_105

あまり雪が続かないようですね。

やはり、暖冬なのかな。

それでも、山の上の方は積もっていたのですけれどね。

2009/01/05

仕事始め

Cnv000030

さぁ、今年も頑張ろう

2009/01/04

大阪の高いビルを見ると

2009_01_03_019

常に威嚇されているように感じるのは、

普段こんなに背の高いものを見慣れていないからだろう

2009/01/03

ほら、お年玉とか・・・

2009_01_03_036

もらったら、ワクワクしながらプラモデルやさんとかおもちゃ屋さんとか行ったっけ

レコードをみるのも好きだったね

普段じゃ買えないから。

特別な日が好きだったのさ。

そうだ、

Img_0052

どこかに遊びに行こうか

2009/01/02

元旦の夕方

R0014865 

人の流れにそっと身を潜める

ふと、地元では雪が降っているのだというニュースを思い出していた

2009/01/01

翼を広げれば

Img_0033_2

君はいつでも空に飛び立つことができることを知っているのだろう?

今夜は初夢の日。

良い夢を。

謹賀新年

Img_0001 

あけましておめでとうございます。

今年が良い年でありますように。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »