最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009/07/31

ほんじつより

Scan10109

再び大阪

2009/07/29

太陽待ち

Cnv000037


梅雨がなかなか明けない頃
雨は好きなんだけれども・・・

青い空が見たくなってきた

2009/07/28

今日もまだ

Film0002
雨は続いている


2009/07/26

雨は

Film

まだ降り続いている

2009/07/25

君は何を守る?

Cnv000035

僕は何を守っている?

2009/07/22

あのとき、

Film

優しい雨が降っていた

2009/07/21

どこ?

Cnv000024


2009/07/20

生活の糧を得るため

Scan10006

今日も漁をしている

2009/07/19

夜店

Film0015


2009/07/18

夜祭りの日

R0015519


アサヒ

Film0021

あぁ、ここのレバ刺したべたい・・・

2009/07/16

ガレージ

Scan10002

どんな車が入っているのだろう?
本当にスーパーセブン?

2009/07/15

とある記事を目にした

これこれ

DQにちょっとしたコピー防止が入っていたとの話。

昔、ザナドゥーというゲームソフトに、コピー防止のプログラムが入っていて、コピーでゲームをしていると最後で最後の的の扉に入れない(たしか、カルマというものが莫大に増えるという話だったと思うけれど・・・)らしかった。

昔から、製品のプロテクトをどうするのかは課題だったんだろうねぇ。

DQは開始当初から販売日に手に入れていたけれど、今回は見送り。

年末に時間がとれるときが出来たら手に入れようと思っている次第です。

たぶん、するのだろうけれどね。
だって、最初っから全部してきたんだしねぇ。

小道に入ってみたら

Scan10037

花が咲いていた


2009/07/14

波の音を聞きに行きたくなるとき

Scan10004

2009/07/13

もうそろそろ、

000044

夏休みかい?

学生時代を過ぎてもうずいぶんとたつのに、
7月に入ると「夏休み」を感じてしまう。

2009/07/12

みんな去ってしまった

Scan10007

ふと通りかかった路地。
懐かしい感じのする家を見ていた。

むかし、高校生だった頃。
同じ部の女の子。
仲の良いグループでよく一緒に遊んでいた。
友人と、その家に遊びに行ったことがある。
彼女の部屋で、彼女の用が済むのを待っていた。
二階の窓からみる外の景色は、今でも何となく思い出すことが出来そうだ。

優しい感じのお母さんが、ジュースをはこんできてくれた。
ちょうどこの季節のことだったような気がする。

家の佇まいは、今も何も変わっていなかった。
ただ、今は人が住んでいる気配は全くなく、表札もなくなっている。

あのとき、感じた家のなかの優しい空気は、もう、なくなってしまっているのだろう。

数年前、その時の部の友人たちで同窓会をした。
彼女は、今は結婚して保母さんをしているそうだ。
相変わらず、マイペースな人で、今時、パソコンどころか携帯も持っていなかった。
理由を聞いたら、必要ないからだそうだ。

シンプルで優しい、大人の女性になっていた。
まるで、あの時ジュースをはこんできてくれたお母さんにそっくりだと思った。

そんな懐かしい家を見た日。
もう会うことの無いであろう人たちのことを、ふと思い出していた。

2009/07/11

そして公園から子供たちの姿がなくなり

Scan10001

子供がけがをすることのない安全な公園ができあがる
トイウワケダ

2009/07/10

キセツハズレ

Scan10002

秋桜

逆光で撮ったelmar 5cm f3.5
ちょっとした偶然?
それとも必然?

2009/07/09

どこかうろついている事でも考えながら

Pota


眠りにつくことにしよう

2009/07/08

僕の知らない間

Scan10003a

君はどんな時間を見ていたのだろう

夢はいつでも私の味方

Asanokao
悲しいことなど何もない

でも、

夢だったんだね


2009/07/07

フワリ フワリ

Scan10005a

只 一心に


2009/07/06

僕の知っているなかで

Rozimaturi

一番小さなお祭り


2009/07/05

時代が移り変わっても、

Film0007

一番はじめのアイディアはすばらしいと思うのだよ


2009/07/04

百万年ノ

Scan10002
孤独ヲ愛ス


2009/07/03

工場

Scan10004

適切なところに適切な設備が配置されているというのは、気持ちよいものだろうなどと想像してみたりするのだ。


2009/07/02

梅雨の風景

Film0011

毎年、雨に濡れている紫陽花を・・・と思うのだけど、今年もタイミングを逸してしまったようです。
ふと見る紫陽花は、ほとんど暑さにくたびれ果てた表情。

せっかくの雨も、もう少し遅かったような感じです。

また、来年・・・

2009/07/01

やっと梅雨らしい雨の降る夜

Film0023

窓を開けて目を閉じていると
雨の音の中、そっと冷たく水を含んだ空気が部屋に忍び込んでくる

優しい記憶を呼び覚ます季節

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »