最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010/01/30

月が出るならば

P1020076

太陽は失われる。

何かを得るならば、それなりの犠牲は必要なのかもしれない。

それは、一人の時間であったり、家族であったり。

限られた能力と、限られた時間。
分けるのであれば、君は何に配分していくのだろう。

ダンジョン

R0015702

ここはビジネスホテル。
扉を開けて外を見ると、まるでそこはダンジョンの中。Wizardryの世界にいるかのよう。
昔のRPGはひどく孤独なイメージで、今のようにわいわいするようなイメージの物は少なかった。
それが、ゲームをしているとまるで一人旅をしているかのような感覚を作っていた。

いまのRPGは華やか。まるで旅行会社の企画した観光旅行のようなイメージ。


2010/01/29

大阪へ

P1020092


今年一番目の講習会、参加させていただくために大阪へ。
今日は天気がいいから、高速道路からみる大山はきれいだろう。

2010/01/28

空を

Pict0024


舞う

2010/01/27

空をみて、考えていた

Pict0001

人は、長くいきたい。
家族に囲まれ、友人に囲まれ、少しでも長く。

長くいきたい。生きるために病院に入ったりもする。
病院で治療を受ける。

少しでも長く生きるために、命の日がついえるまで病院で過ごす。
白い服を着た見知らぬ人に囲まれ、息を引き取る。

どこかで論理がずれている。

あの人は、どんな風に生きていたかったのか。

空をみて考えていた。

2010/01/26

漁港

P1020068
そこに独特の生活感を感じてしまう

Pict0015
(leica m2 with elmar 5cm)


2010/01/24

寄り合いにて

Film0014_2

昨晩、実家の町内の寄り合いに参加してきた。
新年会。
人が少ないから、昔そこに住んでいた人間にも声がかかるのだ。

私はとある男性の隣に座ることになった。70歳を超えておられる。
昨日は夜が少し遅かったからすこし眠たいと話されていた。

寄り合いも時間が進み、ぽつりぽつりと帰る人も出てきたが、その人は帰る気配がない。
大丈夫かと思いつつも話の相手をしていて、ふと気がついた。


奥さんは確か数年前になくなっている。
子供はもう外に出てしまったとさっき話しておられた。

町内の寄り合い、楽しみにしておられたのだろう。

この人は、家に帰ったら、一人だったのだ。


2010/01/23

久しぶりに

Film0029_3
モノクロフィルムを現像してみた。
モノクロはモノクロでやはり楽しい。
いつかは、フィルムの現像だけでなくてプリントもしてみたような気がしているのだけれど、
いつの日か自由になったときの楽しみにとっておこうか・・・

2010/01/22

優しい光は

P1020007


わけへだてなく照らす

2010/01/21

とある冬の日

P1020017
少し暖かな光が差し込んでいた


2010/01/20

水面に映る

P1020024_2

たくさんの太陽たち

2010/01/18

冬の日が落ちるときに

P1020049

ふと感じる気持ちは、
きっとみんな同じ

2010/01/17

光の中で

P1020032
翼を休めるもの


太陽の光を

P1010979

久しぶりに外で見た日

2010/01/16

命を紡ぐ記憶の光が

P1010545

見えたか?

2010/01/15

雪の通勤

P1010974

昨日は、2時間半。
雪が降ると、通勤に時間がかかります。

だけど本当に寒い日は、かえって車のグリップは良いので、そこそこスピードを出しても安全なんですけどね。中途半端に寒くて、凍結した上に水がのるようなときの方が、滑りやすいから・・・・

もう少し、みんなスピードを出していても良いのだろうと思いながら、車の中で2時間半過ごしました。

山陰の風物詩ですね。

今日は、もう少し早く出よう。

2010/01/13

ガジェット

R0015697
仕事用のちょっとしたメモに使うためのツールを探していたところ、ポメラに出会った。
冬のボーナスで購入。
この手のガジェットはザウルス(SLC-700)以来久しぶりのもの。

ザウルスはPIMとしての機能を持っていたものの、入力系やバッテリーの持ちなどはやや弱かった。情報を収集に病棟に行っても、メモに使える程度の入力スピードは取れなかった。
かといって、ノートパソコンを持ち運ぶのはすこし大きすぎるし、テーブルに入力できるだけのスペースが確保できる場所もない。
ポメラになって、そういった問題が一気にかたずいた。
これなら煩雑な病棟やナースステーションに持ち込んでも十分使用できる。
電子カルテになっても、端末の前に持ち込んでも十分スペースを確保できるだろう。
この大きさなら、ディスカッションをしながら記録を打つこともできそうだ。
また、本をみながらアイディアをまとめるといった作業の時も、ノパソだと大きな画面がかえってじゃまになることも多いが、ポメラだととてもやりやすい。

個人的にかなり気に入ったのがバッテリーの持ち。
単4を2本でほとんど減る様子がない。ほかのブログなどをみてみても1-2ヶ月ぐらいは持つようだ。
鞄に予備の電池を入れておけば困ることはほとんどないだろう。ノパソだと、常にバッテリーの残量が気になるが、これはほとんど気にする必要がないというわけだ。これはいい。

気になるところとしては、
・キーボードの耐久性(これは長く使用してみないとわからない)
・ファイル管理については若干使いにくいところがあるので、もう少し改善してもらいたいところではある。

この記事もポメラで書いたものをUSB経由でMACに取り込んだもの。今まで苦労していたことが手軽にできるようになったということに置いてはこのポメラはとてもよい相棒になりそうだ。

2010/01/11

神武天皇

P1010928

何故か地元に祭ってあるところを発見する

2010/01/10

雪山

P1010957

昨日、山に行ってみました。
少し暖かだけど、天気がやや悪くて少し残念。
また、天気の良いときに・・・

2010/01/09

もうそこに

Film

人は住んでいない
流れる年月に、変わりゆく街

2010/01/08

P1010915


2010/01/07

shooting

P1010903_4


2010/01/06

lovers

P1010754

I wish you every happiness.

2010/01/05

遅くなったけれど

P1010930

初詣

2010/01/04

明日からは

P1010693_3

雪だそうです
しばらく、雪

中途半端に寒いより、いっそ全てが凍るぐらいだと良いのにと思ってしまうのは、
暖かなところにすんでいるからなのでしょう

2010/01/03

たまには

P1010824


夜の街をうろつくのも 楽しいのかもしれないねぇ

2010/01/02

あけましておめでとうございます

P1010764

ことしもよろしくおねがいいたします

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »