最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« どうしても流れていく時間であったとしても | トップページ | 桜祭りも終わり »

2010/04/16

急性期のリハビリテーション

厚生労働省の誘導のおかげで、医療は時期によって分断された。
急性期・亜急性期・慢性期

分断されたリハビリテーションは今後どうなる?
急性期につとめるものは、自分たちが今していることが将来どうなっていくのかを知らず。
慢性期につとめるものは、かつてどうあったものが今の姿になったかを知らず。

それで一人の人間が救われるのであれば、それでよしとしよう。

しかし救われるか否かのエビデンスは出ているのか?

この道を進めば、全てうまくいくのか?

もしかして・・・

Rimg4459


« どうしても流れていく時間であったとしても | トップページ | 桜祭りも終わり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« どうしても流れていく時間であったとしても | トップページ | 桜祭りも終わり »