最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 休日の過ごし方 | トップページ | 雨の日の風景 »

2010/06/27

iPadが到着して

少しでも空いた時間は何かに使えるようになった。
それはそれで良いことなのだろう。
思った通り、仕事のスケジュール管理にかなり有効である事もわかってきた。良い買い物だったと思う。

ただ、どんな時で何かができるというこのガジェットは少し麻薬的な常習性があるようにも感じてしまう。

ところで、インクレディブルマシーンというゲームを知っているだろうか?
非常に面白いゲームだったが、現在は市販されていない。なんとか、また手にいれたいと思っていたゲームだ。

Gravity HD と言うゲームを発見した。もちろん、iPadのゲームだ。

これがまた、非常に常習性の強そうなゲームで、さきのインクレディブルマシーンを彷彿とさせるのだ。
さらにiPadが手放せなくなってしまった。

実はこの記事は、iPadのソフトウエアキーボードからの入力だ。
つまりはキーボードの感じをチェックしているのだが、これは個人的には非常に使いやすい印象である。
あるていどのブラインドタッチが可能であれば、打ち込む場面と同じ場所にキーボードが出現する訳だから、常に視野の中にあるわけで、キータッチの感覚がなくてもある程度入力が可能みたいだ。
またキーを押し込む必要がないので反応も早い。なれて行けばかなりのスピードで入力が可能ではないかと思う。

« 休日の過ごし方 | トップページ | 雨の日の風景 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 休日の過ごし方 | トップページ | 雨の日の風景 »