最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011/05/29

この雨が

P1050972

優しい水だと、誰が教えてくれる?

2011/05/25

刃物を買う男

Film0002
その心の中に、身を守るための刃物はあるか?

2011/05/23

憧れ

Film0003_8


Film0005_2

Film0007

あこがれの車たち。
今の時代、便利とは言えない。
しかし、魅力にあふれる。


2011/05/22

研ぐ人

Film0001

便利さだけで生きているわけではないのだ

2011/05/21

20億年

P1030458_2
地球が生まれて45億年。
生命が生まれて20億年。

生物はこの地球上に適応するために20億年をかけて今の姿に至った。
その歴史は、らせん構造をしたDNAに刻まれる。
DNAは地球上に適応するために行ってきた営みを反映している。
生物の歴史そのものだ。

放射能はDNAを一瞬にして破壊する。
破壊された遺伝子は破壊されたまま引き継がれていくだろう。
それは、適応の歴史なんていう物ではない。只の破壊だ。
20億年の歴史を失わせてしまいかねない。

原子力発電所が必要か必要でないかという論議があるが、それは論点がおかしい。
原発は存在してはならない。
存在してはならないものに、必要か否かなどの論議は意味がない。

原発は存在してはいけないのだ。

2011/05/19

制御システム

Film_3
どんなに機械システムが強固でも、それを制御するのは人間。
人は必ず間違う事があることを前提に話を進めてくれないかと。

みんな、そう思わないか?


2011/05/17

Super7のある風景

R0016157

あこがれの車。
絶対手に入れることはない車。


2011/05/12

警戒

P1050855
いろんな事情があったとしても。
なにも出来なかったとしても。
どんな時でも、生き物としての警戒心は忘れない。

2011/05/11

落書き

Film0014
こんな落書きが出来るのも、この場所が安全だから。
安全に遊ぶことの出来るところ。
子供にはそんな場所がたくさん必要。


2011/05/09

チューリップ

Film0005

中にあるのは大切な子孫。
明るくなれば花を開き、外の空気に触れ、受粉の機会をつくる。
露を嫌い、夜は花びらを閉じる。

自然の力は偉大だ。
私たちは、子供たちを守るためにどういった判断をすべきだろう。
今だから、しっかり考えていくべきだと思うのだ。

2011/05/08

庭に咲く

Film0007_2
”日常”を感じるとき


2011/05/07

美しい海を

Film0022

いつまで残せるだろう?
君は守ってくれているかい?

2011/05/06

麦わら帽子

Film0020_3

これから夏が訪れる

2011/05/05

暖かな光

000033

ゆっくり育つ時間

2011/05/03

自然の

000012
黄色

2011/05/01

すこし

R0016142
見てみたいと思っている映画


« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »