最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011/06/26

決断の時

000042

さよなら原発という動きが出ています。
URLは
http://www.peace-forum.com/no_nukes/

子供たちのために、経済を選択するのか、安全な未来を選択すべきなのか。
決断の時が来ているのではないでしょうか。


雨の香り

P1050997
今日は久しぶりに雨
水の香りにみちている

そんな朝

2011/06/25

田園

000028

暖かな光を浴びてすくすくと育つ。
水と緑は周囲の温度をすこし下げる。


2011/06/22

000026
命の源
それがそうであり続けるように願う。

2011/06/21

とうとう

000007

私の住む地域からも、微量の放射性物質が検出された。
もちろん、福一の近隣やホットスポットといわれる場所から比べれば遙かに微量ではあるようだが、とうとう来たかの感が強い。
結局、ほぼ日本中ということだろう。
たった一カ所の原発の事故でその影響は日本中。いや、近隣諸国にも及んでいる。

「共産党が今日、原子力安全保安院から受けた説明によれば、原発の安全対策が十分だと判断した理由のうち、水素爆発対策ができたと判断したのは、「原子炉建屋に穴を開けるドリル」が揃ったからだそうです。」との情報もある。
http://www.asahi.com/national/update/0615/NGY201106140030.html

島根原発もドリルをそろえて安全基準を満たしたと聞く。

子供の工作じゃないんだからと思ってしまうのは私だけではないだろう。

食べ物を失ったら生活はどうなるだろうか?

000013

こちらの方では、
梅雨だというのに雨の降らない日々が続いています。

あついですね。

2011/06/19

漁港

000016

ゆったりとしたときが流れる
穏やかな海


日常

Film0027


2011/06/14

この、ゆるりと流れる時間を

P1060029
守るべきだと思う

ここはとある原発の近くの海。
破壊されてしまうかもしれない海。

2011/06/13

旅への思い

P1060014_3
何もかも忘れて、何処かに行くというのはどうだろう。
できっこない事を想像してみるのだ。

水田

Film0015_2

日常的な風景

2011/06/12

高橋優のうた

Film0006
今時の売れ線とはすこし違う人。
だけど、彼の声と詩が頭をかすめる。
あれは・・・
あの声とメッセージはまるで武器のようだ。


紫陽花の咲く頃に

Film0020


僕はきっと何かを思い出す

2011/06/10

3ヶ月

P1050943
危険だとは思っていた。
だけど、どうしようもないと考えていた。

いま、どうしようもないとあきらめてしまうことは、未来をあきらめることだと気づかされた。
流れに流されず、自分が信じる物を守ろうとするため。
いま、だめなものはだめだと声に出そう。

3ヶ月前の今日にあった何かが、3ヶ月前の明日に失われた。
その何かを見つけるために、声を出そう。

2011/06/06

E-TD11W ノマド

Film0008

エスクード ノマド。
マフラー、ちょっとばかり腐って折れました。
色々頑張っている車だからなぁ。

ただいま、入院中。ドナーを見つけて交換作業中。

2011/06/05

いちご

R0016173

土、水、空気、光。

その恵みにて赤く熟す。

その恵みは大切な物。

2011/06/04

大橋弘忠とは何者か?

http://www.youtube.com/watch?v=VNYfVlrkWPc
あの東京大学の教授。

・こういった人間が人に物を教えていること。
・こういった人間が発言力を持っていること。
・こういった人間が中越沖地震における原子力施設に関する 調査・対策委員会」など、経済産業省に設置される各種審議会・委員会の委員にしばしば就任していること。
・こういった人間に税金から給与が支払われていること。

皆さんは、これをどう思われるだろう?

今、大橋弘忠がテレビに出たらものすごい視聴率を稼げると思うが、どうか?
大橋弘忠を引きずり出して、現状についての分析をさせろ。

2011/06/03

出口のないトンネル

P1050611

民主党の小芝居にはもう心底うんざり。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »