最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 誰かが | トップページ | 光が懐かしいと思うようなとき »

2011/12/22

Film0008
高校時代、友人と時折訪れた喫茶店。
バターがたっぷりの厚切りのトーストと珈琲。
喫茶店の娘さんは同級生の女の子だった。
かわいい娘だった。
なんだかんだと、その小目当てだったのかもしれない。


Film0007

今はもう人のいない喫茶店。
きっとその中は、ゆっくりとした時間が過ぎているのだろう。

« 誰かが | トップページ | 光が懐かしいと思うようなとき »

Leica M2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 誰かが | トップページ | 光が懐かしいと思うようなとき »