最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012/03/27

路地にて

Scanfilm0269


楽しい思い出はたくさん残ったかい?

2012/03/22

寒い日もあるけれど

Pict0017_3

ゆっくりと季節は移りゆき、
春はもうすぐ。

2012/03/17

卒業

1331954567844.jpg
僕は
あとなにを卒業するのだろう?

2012/03/11

一年という”時”

000017

あれから、1年が経過した。
未だ、福島原発の影響が色濃く残っている。
冷却するために使われた汚染水、地震や津波で生じたおびただしいゴミは放射線を浴びて放射性廃棄物となった。
放射線も封じ込められているわけではない。
結局今も何も解決してない。

今生まれてくる子供たちのために、大人たちは放射線を恐れ、子供たちは共存する生活を余儀なくされるだろう。

いま、渡しができるのは次の世代、その次の世代ぐらいに何か解決していればいいと願うぐらい。

結局何も解決していないのだ。

いまの経済だけを考えず。
将来の子供たちのために、いま、どういった道を歩んでいくべきかを問わなければならない。

2012/03/10

修理屋

000025
TARON35、巻き上げレバーが動かなくなった。
以前お世話になった修理屋さんにいってみると、2月で店を閉められた様子だった。
フィルムカメラを修理して使う時代が過ぎてきているのだろう。

ただ、このカメラやはり思い入れのあるカメラなので、ネットで見つけたところに送ってみようか。
もう少し先の事になるとは思うけれど。

2012/03/07

今度、休日に晴れたら

Film0009


春を探しに行ってみようかと
ふと思う。

2012/03/05

今日は

Cnv000031
啓蟄だってね。
虫も土から出てくる日。
生憎の雨で寒いけれどね。

2012/03/04

それでも

Pict0016_2

春は
すこしずつ近づいている

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »