最近のトラックバック

無料ブログはココログ

大切な時間

  • ほとんど誰も
    一緒に歩いた道

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012/05/30

黄泉比良坂

Scan10005

なくなった妻のイザナミを慕い、黄泉の国まで追いかけたイザナギ。
変わり果てた姿で追い返すイザナミ、石で黄泉の国との道を塞いだイザナギの話は見方を変えると、

時を戻してでも過去の幸せの継続を願うイザナギを
戒めるように未来へと追い返そうとしたイザナミの優しさを描いたものだったのかもしれない。

そして、イザナギは過去の幸せへの決別とも言える石を置く。
それは、かつてイザナミがいたという証でもあり、イザナギが未来へと進むための墓石ではなかったのか。


2012/05/29

晴れた休日に

Scan10004
久しぶりに自転車で出歩いた。
水田には水が張られ、稲が植えてある。
「仕事は準備が8割」
ふとそんな言葉が頭をよぎった。

どんなことでも、大切なのは目に見えてこない。
結果しか見えないものは、決して気づかない。

2012/05/25

つりびと

000024
この少年は
時間を大切に楽しむことを知っているのではないか

2012/05/23

悪意への対応

000007

悪意を持つものは詭弁を好む

詭弁には
二元論と極論があるようだ

二元論には本質を
極論には中間の大切さをとくと

多くは沈黙するだろう

こんな天気のいい日は

Scan10002


何処か知らない街まで
行きたくなる

2012/05/19

Scan10003

さ、週末だ

2012/05/17

緑の時間

Scan10004

こちらにいると気づかないが
都会にいると、懐かしくなる緑の香り

君は思い出せるか?

2012/05/16

神の住処に続く橋

Scan10001

まだ渡ったことのない橋
気になっているのだけれど・・・

2012/05/15

真四角な休日

Scan10006

新しいおもちゃ、上海シーガル。
二眼レフを持ちだして、ドライブ。

次の休みの天気が気になるようになった。

2012/05/10

闇の帳が降りる頃

000036

休日はそろそろ終わりを告げる

再び”日常”が顔を出すだろう

2012/05/08

隠れ家

000027

随分とお世話になった場所に訪れた。
帰り際にマスターが言った。
「生きているうちにもう一度会いに来い」

2012/05/07

青い海を見に

000011
車を走らせた休日

2012/05/03

秘すれば花なり

000008_14

秘せずは花なるべからず

ところで、
人は、どんな時に雄弁になると思う?


« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »